【養老】初めて孫と山に登る 多度山 402.7m

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信
アバター
クロオ
記事: 285
登録日時: 2011年2月20日(日) 09:08
住所: 愛知県海部郡大治町

【養老】初めて孫と山に登る 多度山 402.7m

投稿記事 by クロオ » 2019年11月29日(金) 00:14

【 日付 】2019年11月17日(日)
【 山域 】養老山地
【メンバー】2名
【 天 候 】晴れ
【 ルート】ポケットパーク駐車場10:00---11:05ハンググライダー発射台11:15---11:25多度山山頂---11:40ヤング広場12:00---12:30ハンググライダー発射台---12:55駐車場

11月10日(日)は、やぶこぎネットのオフ会で鈴鹿に行ったので、この次は、紅葉のピークは過ぎているかもしれないが、野坂に行こう。甲森谷に行こう。と思っていた。週の始めから、何枚か地図を印刷したり、ネットの記録を確認したりして準備していたら、直前になって16日(土)の天気予報は、北陸地方のみ、雨予報に変わった。今年はこんなことばかり。

仕方がないので16日土曜日は家に居たら、娘が子供二人を連れて泊まりに来た。6歳の男の子と3歳の女の子。息子も子供を連れて遊びに来た。2歳の男の子。結局、土曜日は、3人の孫と、近くの公園で遊ぶ。バドミントン、サッカー、滑り台。バドミントンと言っても、ほとんどラリーは無い。サーブの練習みたいなもの。それでも、6歳の孫は楽しそう。

夕飯は近くの中国人が経営している中華料理へ皆で行く。よく行くお店。日曜日に山に登ろうと、これから野坂に出掛けようと思っている私は、ビールを飲まないつもりでいた。6歳の孫が「ビールを飲んで。これから出掛けたらだめ。明日は公園に行くの。」と訴える。野坂はあきらめてビールをいただく。

17日、日曜日、6歳の孫と多度方面へ向かう。いつもだったら、名古屋市農業文化園とか、愛知県海南こどもの国といった公園へ行くのだが、少々飽きた。バドミントンとサッカーが出来たらどこでもいいのだ。多度の近くにも、木曽三川公園や羽根谷だんだん公園など、公園はいくつかある。

多度に近づいて、多度山は車で登る道と、歩いて登る道があることを説明すると、歩いて登りたいと言う。決して誘導したわけではない。とりあえず、山麓のポケットパーク駐車場に行く。天気がよいからか、登山者が大勢いる。かろうじて駐車できた。健脚コースの駐車場は、満車どころか路上にもたくさん駐車していた。片道3.6kmくらい。どこまで歩けるだろうか?だめなら、途中で引き返せばいい。

登り始めると、ところどころにある動物の注意書きが気になるらしい。まず、「猿に餌を与えるな」と書いてある。「猿が居るの?」と聞いてくる。「たくさん居るよ」と言うと、怖いらしい。彼らは人間が怖いから絶対に近づいて来ない、と言っても信用しない。私のそばを離れない。
 
IMG_2120.jpg
IMG_2120.jpg (85.16 KiB) 閲覧数: 166 回
 
舗装された九十九折の道を歩く。手軽な山だからか、子供連れの家族が何組も登って行く。人気の山なのだ。もう、下山してくる人にも大勢すれ違う。それにしても紅葉の雰囲気が全く無い山だ。どこまで登っても常緑の木ばかりだ。途中の展望所で休憩をする。私は既に少し汗をかいているが、孫は全く汗はない。

山上公園まであと2000mの標識を通過すると、「あと何分?」と聞いてきた。「あと40分」と答える。そこからは少し歩くたびに、「あと何分?」と聞いてくる。こんなに長く歩くとは思っていなかったのだろう。でも、もう帰りたい、とは言わない。頑張って歩いていく。
 
IMG_2137.jpg
IMG_2137.jpg (91.99 KiB) 閲覧数: 166 回
 
あと500mの標識から少し登ったところに、ハンググライダー発射台がある。丁度、2機、まさに台の上に上がり飛ぼうとされていた。草むらに座って休憩しながら見学。展望も良い。パンを食べたり、お茶を飲んだり、10分くらい待ったが、飛ばない。風を待っているらしい。風はほとんど無い。結局、まだ、飛びそうにないので、我々は出発。
 
IMG_2141.jpg
IMG_2141.jpg (67.08 KiB) 閲覧数: 166 回
 
しばらくで、山上公園の入り口に着いた。階段を上ると山頂。大勢の登山者が食事をされていた。人気の山なのだ。三角点がある。展望台もある。木曽三川がよく見える。残念ながら、遠くの方は霞んでいてよく分からない。名古屋駅周辺の高層ビル群が霞んでいて、はっきりしない。山頂から少し行ったところにある公園でふたたび休憩。ヤング広場というらしい。ここにも、とても大勢人がいた。
 
IMG_2168.jpg
IMG_2168.jpg (76.21 KiB) 閲覧数: 166 回
 
IMG_2156.jpg
IMG_2156.jpg (84.71 KiB) 閲覧数: 166 回
 
下山は同じ道を戻る。ハンググライダー発射台に寄ってみたら、丁度今飛び立ったところだった。山麓に飛んでいる姿が見えた。もう5分早く下山していたら飛び立つところが見えただろう。残念。発射台で関係者が無線で交信していた。発射台にどうぞとおっしゃるので、孫と発射台に上がってみた。ちょっと怖い。羽根を付けてここを勢いを付けて飛ばないといけないらしい。でないと、すぐ下の木に引っかかってしまうのだそうだ。とても怖そう。

下山途中で家の向かいの家族にお会いした。挨拶しながら、お互いびっくり。下山中は、孫と、しりとりをしながら歩いたら、あっと言う間に駐車場に着いた。下山したものの、孫にとってはまだ何も済んでいない。バドミントンもサッカーもやってはいないからだ。近くの、羽根谷だんだん公園に移動して、バドミントンとサッカーをする。これで納得したらしい。

この時期、多度山麓では、みかんや、柿が販売されている。お店もあるが、路地販売も多い。無人だったり、軽トラだったり。私が購入したところは、みかんは1.5kgの袋が300円。無人販売なのだが、丁度、農家の方がみかんの袋を並べに来ていた。柿は2kgの袋が300円。こちらは空き地で車で販売。どちらも、とても安い。とても甘いというわけではないが、まずくは無い。むしろ、あっさりしておいしい。たくさん買って家族に配った。
 
IMG_2230.jpg
 
IMG_2224.jpg
 
                                              クロオ
     クロオ
     kuroo6@yahoo.co.jp

yamaneko0922
記事: 209
登録日時: 2018年11月20日(火) 06:39

Re: 【養老】初めて孫と山に登る 多度山 402.7m

投稿記事 by yamaneko0922 » 2019年11月29日(金) 14:07

クロオさん こんにちは 

多度山を含め、養老山地は訪れたことのないところですが、このrepのメインは多度山よりもなんといっても可愛いお孫さんですね。

>ビールを飲んで。これから出掛けたらだめ。明日は公園に行くの。」と訴える。

ビールをお孫さんに勧められたら、飲まないわけにはいかないですね。さぞかし美味しかったことでしょう。

>健脚コースの駐車場は、満車どころか路上にもたくさん駐車していた。片道3.6kmくらい。

凄い!いきなり健脚コースですか。将来が期待されますね。
他にも滝音の森コースとか眺望満喫コースとかあって楽しそうですね。

>「あと何分?」と聞いてきた。「あと40分」と答える。そこからは少し歩くたびに、「あと何分?」と聞いてくる。

そういえば私も次男(現在12歳)も、少し前は頻繁に「あと何分?」と聞いていたことを思い出します。数分もしないうちに再度、きかれたりしませんでした?
でも子供にとっての40分は大人の40分とはかなり感覚が違うのでしょうね。なぜか、加齢と共に時間の過ぎるのが早くなっていく気がします。

>下山したものの、孫にとってはまだ何も済んでいない。バドミントンもサッカーもやってはいないからだ。近くの、羽根谷だんだん公園に移動して、バドミントンとサッカーをする。これで納得したらしい。

お爺様も体力に余力を残しておかなければならないですね。

>みかんは1.5kgの袋が300円。柿は2kgの袋が300円。
とても甘いというわけではないが、まずくは無い。


安い!果樹園で育てられたものに比べれば甘さはないかもしれませんが、本来の自然な味なのでしょうね。

クロオさんに紅葉はなかったとしても愛くるしい同行者を得て、極上の山行でしたね。
お孫さんにとっても忘れ得ぬ一日になったのではないでしょうか。

アバター
クロオ
記事: 285
登録日時: 2011年2月20日(日) 09:08
住所: 愛知県海部郡大治町

Re: 【養老】初めて孫と山に登る 多度山 402.7m

投稿記事 by クロオ » 2019年12月02日(月) 22:12

yamaneko0922さん、こんばんは
レスありがとうございます。


多度山を含め、養老山地は訪れたことのないところですが、このrepのメインは多度山よりもなんといっても可愛いお孫さんですね。


多度、養老は、山を始めたころに、時々、登りました。
養老には紅葉の綺麗なところもありますが、全体的に、樹林が常緑で、面白みが無いです。
手軽な山だからか、人が多いのも抵抗があります。
 
IMG_2180.jpg
IMG_2180.jpg (73.47 KiB) 閲覧数: 77 回
 

ビールをお孫さんに勧められたら、飲まないわけにはいかないですね。さぞかし美味しかったことでしょう。


一緒に食事に出掛けた時点で、山は諦めて、孫と公園に行ってもいいと思っていました。
一応、聞いてみました。


凄い!いきなり健脚コースですか。将来が期待されますね。
他にも滝音の森コースとか眺望満喫コースとかあって楽しそうですね


多度神社からポケットパーク駐車場に向かったので、健脚コースの登山口前を通過しただけで、登ったのは、眺望満喫コースというアスファルトで舗装された道路を歩きました。
健脚コース、一度歩いたことがありますが、大したことなかったと記憶しています。鈴鹿なら普通の登山道です。
滝音の森コースも、一度だけ歩いたことがあります。ここは少し長いコースです。途中まで林道で、「この先車は、ほんとうに、通れません」という案内が何枚かかかげてあるのに、その先で放置されている乗用車を見ました。
 
IMG_2123.jpg
IMG_2123.jpg (81.02 KiB) 閲覧数: 77 回
 

そういえば私も次男(現在12歳)も、少し前は頻繁に「あと何分?」と聞いていたことを思い出します。数分もしないうちに再度、きかれたりしませんでした?


数分どころか、1分も経たないうちに聞いてきました。何回も、何回も、聞いてきて、途中からは、私が答えるのを聞くことを面白がっていました。


でも子供にとっての40分は大人の40分とはかなり感覚が違うのでしょうね。なぜか、加齢と共に時間の過ぎるのが早くなっていく気がします。


時間が経つの、速いです。一週間が過ぎていくのが、あっと言う間です。


お爺様も体力に余力を残しておかなければならないですね。


どうして子供は、公園を走り回れるのだろうと思います。とても付いて行けません。


安い!果樹園で育てられたものに比べれば甘さはないかもしれませんが、本来の自然な味なのでしょうね。


多度に向かった一番の目的は、これだったかもしれません。多度山の南側には、みかん畑をたくさん見ます。南濃町には、柿の畑をたくさん見ます。


クロオさんに紅葉はなかったとしても愛くるしい同行者を得て、極上の山行でしたね。
お孫さんにとっても忘れ得ぬ一日になったのではないでしょうか。


いい思い出になりました。
「山登りは絶対にいやだ!」と言われそうですけど…。
 
IMG_2175.jpg
IMG_2175.jpg (73.88 KiB) 閲覧数: 77 回
 
 
                                              クロオ
     クロオ
     kuroo6@yahoo.co.jp

返信