【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
返信する
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

【日付】2019年5月26日(日)
【山域】鈴鹿
【ルート】武平峠ー御在所山ー北西尾根―上水晶谷出合―会場―コクイ谷―武平峠
【天候】晴れ(猛暑)
【メンバー】KAME、きみ、biwa爺(復路はシュークーム、クロオ同行)=敬称略


「鈴鹿の上高地」は春のオフ会の定席になってしまった。ルートを選ぶ悩み(喜び?)は深刻にはなるものの、現地を探し回る心配(楽しみ?)は、まずなくなった。
しかも、今回は介護人KAME仙人が同行してくれる。
KAME氏にはいつぞやのダイラオフにも介護人として同行いただいたのだが、私の無謀軽率なコース選定に体調不良が重なって、会場地点を前にあえなくギブアップ。その後、シュークームさんに救助!され、駐車地点まで護送されたことがあった。管理者のY氏、ならびに関係者に多大なご迷惑をおかけしてしまったのだ。
よって、今回辿りつけばKAME氏にとってヤブオフは初参加ということになる。
そういうわけもあり、今回はゼッタイに到達しなければならない。怪しい、トンデモない、ミステリーやアバンチュールなルートに迷い込んではいけない。
選んだのは武平峠からコクイ谷ルート。朝明から根の平越えのほうが近そうだが、他県へ侵入して狭い馬場を荒らすのも忍びないと消去。(ホンネは高速代と駐車料金逃れだったのかも?)

9時前にもなれば武平峠一帯はクルマの花盛りである。トンネル西口駐車スペースは当然満杯。その近くの路側も歩車分離の白線を越えてこぼれた車列が続く。やや滋賀県よりの路側に空席を見つけられたのは幸運としか言えない。
さて…とKAME夫妻と3人で雨乞岳への登り口から歩き始めて、「コクイ谷は帰りにして、行きは御在所からにしない?」と逆回り提案が。まあ、そんなに時間は変わらんやろ…と即決。沢谷峠から郡界尾根を登ることに変更する。
さすがにこのルート、雨乞岳をめざすハイカーが続々。追い抜かれても追い越すことはない。峠までこんなに遠かったかなあ…?
「ここからいこか?」
我慢できず、沢谷峠手前の支尾根に取り付く。
なかなか眺望もいい歩きやすい尾根だ。もちろんハイカーも皆無。右手に武平峠からの直登尾根、鎌ヶ岳、仙ヶ岳などを眺めながら進む。
郡界尾根と出合うと登山路ははっきりしてくる。シャクナゲやシロヤシオの残り花がチラホラ。
前方から数名が下ってきた。「シャクナゲが見たくて来てみました」とおっしゃるが、期待に添えるような群生はありませんよ。枝に結んであるピンクテープと間違えないでね(^^♪と、聞こえないようにアドバイス。
鎌ヶ岳を背に御嶽大権現へ
鎌ヶ岳を背に御嶽大権現へ
一汗かいて御嶽大権現で一休み。ドラは一般ハイカーに任せて長者池から望湖台へ散策路を登り返し。ケルンの裏から上水晶谷左岸の北西尾根に入る。
何年か前にヤブオフ会場になった西峰(・1155m)を経て下るだけなのだが、思ったより長い。この尾根は前にも歩いたが、逆の登りだったからか印象が違う。時間が押しているから余計そう思うのかも?
沢音が聞こえ始め、ようやく登山路に降り立つ。11時半はとっくにオーバーだ。ああ、やっぱり間に合わなかったか…(@_@。

地形図では左岸に点線が引かれているが、右手の上水晶谷を渡渉。右岸の台地状の疎林帯を、やや不安はあったが会場に向けてまっすぐ進むと、やがてグーさんの甲高い声が聞こえてきた。大きな輪も視野に入る。ラストスパートが効いたのか、12時前。30分以内の遅れは3回まわってワンと泣けば許してもらえる。「無事に着くことが一番大切なこと」なんだ。

(会場では嬉しい出会いや邂逅、演奏会?まであったが、省略)

帰路はシュークームさんとクロオさんが同行してくれる。こうなると、まるで「白い巨塔」にある帝大医師の「総見」並みではないか(^_-)
当初の往路候補だったコクイ谷からなので安心…のはずが、まあ、いろいろとアトラクションもあり、有意義なるひとときを満喫できた次第でありました。
武平峠の駐車地には17時10分。帰路は3時間以上かかっている。路肩に満開だった車の花もさすがに見事に散り去っていて、西陽を受けて気だるそうな、いつもの峠の雰囲気が漂い始めている。
シュークリさん、クロオさんとお別れして帰路につく。
車中で同行者から「気さくな人ばかりで、楽しかったわ」と過分のお言葉をいただく。「気さく」が違う言葉に変わらないよう、自戒自重に努めないといけないな…と、心に誓う。
                  ~biwa爺
SHIGEKI
記事: 868
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by SHIGEKI »

biwa爺 お疲れ様でした。

よき介護人お二人に守られ、幸せな爺ですね。

人徳ですなぁ~
20190526-P5260418.jpg
ところで、集合写真 ここへUPさせて頂きます。

360度画像はFBにご訪問あれ。

やはり、やっと、5枚目で 皆さん それなりの笑顔になられたようです。

事前忠告が効いてか お目目パッチシ 老若男女 活き活きFace この明るさ

下界でもお忘れなく!! :mrgreen:

   では また 底抜けに明るい 鈴鹿の森で

        SHIGEKI
宮指路
記事: 895
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by 宮指路 »

biwacoさん、こんばんは
久しぶりに御尊顔を拝し奉り恐悦至極にござりまする。
>海老蔵じゃないって
最近何か若返ったような気がしました。ひょっとしてkame仙人の生気を吸っているとか?
kame仙人はkame青年でしたね。
どちらかと言えばbiwacoさんの方がkame仙人に近いと思うのは私だけでしょうか?

KAME氏にはいつぞやのダイラオフにも介護人として同行いただいたのだが、私の無謀軽率なコース選定に体調不良が重なって、会場地点を前にあえなくギブアップ。その後、シュークームさんに救助!され、駐車地点まで護送されたことがあった。管理者のY氏、ならびに関係者に多大なご迷惑をおかけしてしまったのだ。

そんな過去があったとはつゆ知らず


9時前にもなれば武平峠一帯はクルマの花盛りである。トンネル西口駐車スペースは当然満杯。その近くの路側も歩車分離の白線を越えてこぼれた車列が続く。やや滋賀県よりの路側に空席を見つけられたのは幸運としか言えない。
さて…とKAME夫妻と3人で雨乞岳への登り口から歩き始めて、「コクイ谷は帰りにして、行きは御在所からにしない?」と逆回り提案が。


またまた悪い虫が出ましたナ。最初のプランの1.5倍くらいはあるでしょう


一汗かいて御嶽大権現で一休み。ドラは一般ハイカーに任せて長者池から望湖台へ散策路を登り返し。ケルンの裏から上水晶谷左岸の北西尾根に入る。


本当はドラを叩きたかったんですか?


何年か前にヤブオフ会場になった西峰(・1155m)を経て下るだけなのだが、思ったより長い。この尾根は前にも歩いたが、逆の登りだったからか印象が違う。時間が押しているから余計そう思うのかも?
沢音が聞こえ始め、ようやく登山路に降り立つ。11時半はとっくにオーバーだ。ああ、やっぱり間に合わなかったか…(@_@。

だから初志貫徹は大切ですよ。人のことは言えんか

地形図では左岸に点線が引かれているが、右手の上水晶谷を渡渉。右岸の台地状の疎林帯を、やや不安はあったが会場に向けてまっすぐ進むと、やがてグーさんの甲高い声が聞こえてきた。大きな輪も視野に入る。ラストスパートが効いたのか、12時前。30分以内の遅れは3回まわってワンと泣けば許してもらえる。「無事に着くことが一番大切なこと」なんだ。

次回遅れたら三回回って下さい。


帰路はシュークームさんとクロオさんが同行してくれる。こうなると、まるで「白い巨塔」にある帝大医師の「総見」並みではないか(^_-)


部長医師はbiwacoさん?

当初の往路候補だったコクイ谷からなので安心…のはずが、まあ、いろいろとアトラクションもあり、有意義なるひとときを満喫できた次第でありました。
武平峠の駐車地には17時10分。帰路は3時間以上かかっている。

この一時間ロスは途中で心肺蘇生でもしたんですか?


                                                      宮指路+24
かめ仙人

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by かめ仙人 »

当日はお疲れさまでした。
やぶオフ会初参加のかめです。
私はこの会ではどうやら「びわじぃ」の介護人になっていたようですね…(;^_^A
びわじぃやその他の方々から、色々とお褒めの言葉を頂きましたが、決して大した事はしていませんので気にしないで下さいまし。
今回、初めて噂のオフ会に参加できて楽しかったです。それにしても妊婦の方から古希を迎えた仙人まで、個性豊かな人材にはびっくりですね!
これだけの人材があればさぞやお山の情報量は半端じゃないでしょうね(゚д゚)(。_。)ウン
また次回もバリエーションルートを探してゴールを目指したいものですが…びわじぃ次第ですかね…?
それと同じく初書き込みのためこれでこんな感じでいいのか心配ですが…💦
それでは今後は「きみ」共々良しなに…<m(__)m>
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

biwa爺 お疲れ様でした。
近くて遠い存在の旦那に会えて、うれしさ百倍!百倍!(高見山かっ?)
よき介護人お二人に守られ、幸せな爺ですね。
人徳ですなぁ~
鈴鹿に第2仁徳陵を造ってもらいましょう。
P5260146.jpg
ところで、集合写真 ここへUPさせて頂きます。
360度画像はFBにご訪問あれ。
見ましたで! 目が回りそうでした(@_@。
やはり、やっと、5枚目で 皆さん それなりの笑顔になられたようです。
事前忠告が効いてか お目目パッチシ 老若男女 活き活きFace この明るさ
下界でもお忘れなく!!
ホンマ!横向いてる不束者は一人もおりまへんな!(^^)!
よほどあとの取り調べが怖かったんでしょう(^_-)
   では また 底抜けに明るい 鈴鹿の森で
鈴鹿もいいけど野坂もね(^_-)
10回目の星空ファイヤーに連れてって~♪

              ~biwa爺
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

biwacoさん、こんばんは
久しぶりに御尊顔を拝し奉り恐悦至極にござりまする。
黒髭不動さんと薬師如来に守られての上高地行脚でありました。
おかげで道迷いなく辿りつきひと安心、迷い人Qさんを発見してふた安心でした(^_-)
kame仙人はkame青年でしたね。
どちらかと言えばbiwacoさんの方がkame仙人に近いと思うのは私だけでしょうか?
じつは私、またの名は「TURU万人」なんです。 独り歩きが多い「つるまん」ヒトなんで(^_-)
でも寄る年波は勝てず、人さまのナサケに縋ってます。(菜酒やないで)

KAME氏にはいつぞやのダイラオフにも介護人として同行いただいたのだが、私の無謀軽率なコース選定に体調不良が重なって、会場地点を前にあえなくギブアップ。
そんな過去があったとはつゆ知らず
知らんでよろしい。忌まわしい過去は忘れましょうね(゜o゜)

さて…とKAME夫妻と3人で雨乞岳への登り口から歩き始めて、「コクイ谷は帰りにして、行きは御在所からにしない?」と逆回り提案が。
またまた悪い虫が出ましたナ。最初のプランの1.5倍くらいはあるでしょう
平面図では同じようなもんですけどね(゜o゜)
3Dの概念に欠けるもんで、つい読み違えてしまいます。
本当はドラを叩きたかったんですか?
替わりに長者池のドラを1発かましてきました。1発1万円くらいの御利益あるかな?

沢音が聞こえ始め、ようやく登山路に降り立つ。11時半はとっくにオーバーだ。ああ、やっぱり間に合わなかったか…(@_@。
だから初志貫徹は大切ですよ。人のことは言えんか
そうだそうだ! 初志に拘らないのはカモさん譲り…カモ?(^_-)

30分以内の遅れは3回まわってワンと泣けば許してもらえる。
次回遅れたら三回回って下さい。
うちのちゃこ(犬)を連れていきますワ(^_-)

こうなると、まるで「白い巨塔」にある帝大医師の「総見」並み(^_-)
部長医師はbiwacoさん?
御意!

武平峠の駐車地には17時10分。帰路は3時間以上かかっている。
この一時間ロスは途中で心肺蘇生でもしたんですか?
ちょっと「余分な世界」を覗きに行ってただけです。蘇生は免れましたが…(@_@。
コクイ谷の下り
コクイ谷の下り
浪速友あれ、無事是名馬でございます。今のところ、びわ爺は名馬(いや迷馬か?)でしょうか…?
次はどこかの秘湯に浸かり、美味しいカイバでもご一緒いたしましょう♪

           ~biwa爺
                                                 
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

KAME仙人さま、どうも、その節はお世話になりました<m(__)m>
私はこの会ではどうやら「びわじぃ」の介護人になっていたようですね…(;^_^A
びわじぃやその他の方々から、色々とお褒めの言葉を頂きましたが、決して大した事はしていませんので気にしないで下さいまし。
勝手に任命、申し訳ございません。
シュークリさんに山日和導師に…と、介護人あってのbiwa爺ですので、感謝感謝の冗気喜感謝であります。ブォブォ~(^.^)/~~~
P5260148.jpg

今回、初めて噂のオフ会に参加できて楽しかったです。それにしても妊婦の方から古希を迎えた仙人まで、個性豊かな人材にはびっくりですね!
これだけの人材があればさぞやお山の情報量は半端じゃないでしょうね(゚д゚)(。_。)ウン
たしかにみなさん「個性」と「山歴」だけはハンパやないですね。ヘ✖タイぶりも負けてませんけど(^_-)
また次回もバリエーションルートを探してゴールを目指したいものですが…びわじぃ次第ですかね…?
それ、「そそのかし」(扇動教唆)と言います。後々を考えて、kitayama弁護士と相談させていただきます。(゜o゜)

それと同じく初書き込みのためこれでこんな感じでいいのか心配ですが…💦
それでは今後は「きみ」共々良しなに…<m(__)m>
また次回も介護?よろしく~(^_-)
レポアップ、レスもよろしく~!

            ~biwa爺
アバター
クロオ
記事: 297
登録日時: 2011年2月20日(日) 09:08
お住まい: 愛知県海部郡大治町

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by クロオ »

biwacoさん、こんにちは。

お久ぶりでした。
2月24日スノー衆有家ヶ原以来でした。


9時前にもなれば武平峠一帯はクルマの花盛りである。


武平峠から9時スタートでは、どこを通っても間に合わないような気がします。
走れば別ですけど…。
ちなみに、私は武平峠西側の茨谷駐車場を7時15分にスタートしました。
オフ会会場には10時50分に着きました。


雨乞岳への登り口から歩き始めて、「コクイ谷は帰りにして、行きは御在所からにしない?」と逆回り提案が。まあ、そんなに時間は変わらんやろ…と即決。沢谷峠から郡界尾根を登ることに変更する。


沢谷峠から郡界尾根を登ったら、御在所ではなくて、東雨乞岳に向かいませんか?


我慢できず、沢谷峠手前の支尾根に取り付く。
なかなか眺望もいい歩きやすい尾根だ。もちろんハイカーも皆無。右手に武平峠からの直登尾根、鎌ヶ岳、仙ヶ岳などを眺めながら進む。
郡界尾根と出合うと登山路ははっきりしてくる。


いったいどこを歩かれたのでしょう?
御在所に向かったら郡界尾根には出会わないと思うのですが…。


当初の往路候補だったコクイ谷からなので安心…のはずが、まあ、いろいろとアトラクションもあり、有意義なるひとときを満喫できた次第でありました。


皆さんと、楽しく歩くことが出来ました。
シュークリームさんからは、いろいろ木の話をお聞きしました。
きみさんとは、バラのお話もしました。

コクイ谷
コクイ谷

コクイ谷
コクイ谷

一番の驚きは、KAME仙人さんと以前、三方岩岳、野谷荘司山を一緒に歩いたことがあると知ったことです。
全く認識が無かったです。
そういえばあの時も、サングラスと帽子で、あまりお顔を出されていなかったような…。

三方岩岳を登るウサギさんとKAMEさん
三方岩岳を登るウサギさんとKAMEさん


武平峠の駐車地には17時10分。帰路は3時間以上かかっている。


出発したのが14時過ぎだったので、ちょうど3時間。
少しのんびりだったけど、時間はこんなものでしょう。

お疲れ様でした。
楽しい1日でした。


(追記)
最近は郡界尾根ばかり歩いていて、久しぶりに、沢谷峠から武平峠の一般道を歩きましたが、崩落個所が何ヶ所かあり、荒れようがひどいと感じました。
竜ヶ岳の裏道が閉鎖になって、遠足尾根や金山尾根が一般道になりましたが、雨乞岳へのルートも茨谷から郡界尾根を登る方がはるかに安全だと思います。東雨乞岳山頂付近も、七人山のコルからの登山道よりも群界尾根をつめた方が楽な気がします。
滑落事故が起きなければいいのですが…。

(追記2)
集合写真は、ログイン側にアップしました。


                                        クロオ
最後に編集したユーザー クロオ [ 2019年5月30日(木) 20:36 ], 累計 2 回
     クロオ
     kuroo6@yahoo.co.jp
アバター
柳川洞吹
記事: 677
登録日時: 2011年2月22日(火) 22:07
お住まい: クルマの中(簡易旅館仕様車)

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by 柳川洞吹 »

biwacoさん こんばんは

  「鈴鹿の上高地」は春のオフ会の定席になってしまった。
  ルートを選ぶ悩み(喜び?)は深刻にはなるものの、
  現地を探し回る心配(楽しみ?)は、まずなくなった。
  しかも、今回は介護人KAME仙人が同行してくれる。
  KAME氏にはいつぞやのダイラオフにも介護人として同行いただいたのだが、
  私の無謀軽率なコース選定に体調不良が重なって、
  会場地点を前にあえなくギブアップ。
  その後、シュークームさんに救助!され、駐車地点まで護送されたことがあった。


ワシ、ダイラの事件のときにKAME仙人さんにお会いしてるのですが、
今回は、前にはなかった立派なおヒゲを蓄えられていたので、わからず、
biwacoさんがうまいこと言って、
何も知らないアラブの王族の王子さまを連れてきたように見えました。

  よって、今回辿りつけばKAME氏にとってヤブオフは初参加ということになる。
  そういうわけもあり、今回はゼッタイに到達しなければならない。
  怪しい、トンデモない、ミステリーやアバンチュールなルートに迷い込んではいけない。


お題は文句の付けようがないんです…… :roll:

  9時前にもなれば武平峠一帯はクルマの花盛りである。
  トンネル西口駐車スペースは当然満杯。
  その近くの路側も歩車分離の白線を越えてこぼれた車列が続く。
  やや滋賀県よりの路側に空席を見つけられたのは幸運としか言えない。


ここで駐車違反のキップ切ったら、いっぱい儲かるのにな。

  沢音が聞こえ始め、ようやく登山路に降り立つ。
  11時半はとっくにオーバーだ。ああ、やっぱり間に合わなかったか…(@_@。


その頃、会場では、
「またbiwa爺が来てないぞ。」
「どうしたんやろ。大丈夫かいな。」
「付添人がおるらしいから大丈夫やろ。ほっとけ、ほっとけ。」
「もう帰ったんと違うか。」
などと、様々な怒号が飛び交う中、
静々と無事にご到着なされて、何よりでございます。 :D

  右岸の台地状の疎林帯を、やや不安はあったが会場に向けてまっすぐ進むと、
  やがてグーさんの甲高い声が聞こえてきた。
  大きな輪も視野に入る。ラストスパートが効いたのか、12時前。
  30分以内の遅れは3回まわってワンと泣けば許してもらえる。
  「無事に着くことが一番大切なこと」なんだ。


3回まわってワンって、やってましたっけ? :mrgreen:

  帰路はシュークームさんとクロオさんが同行してくれる。
  こうなると、まるで「白い巨塔」にある帝大医師の「総見」並みではないか(^_-)


山岳救助隊による護送下山じゃなかったんですね。

  車中で同行者から「気さくな人ばかりで、楽しかったわ」と過分のお言葉をいただく。
  「気さく」が違う言葉に変わらないよう、
  自戒自重に努めないといけないな…と、心に誓う。


誓いとは、単なる願望のことではないと思いたい。(^^;

よい山旅を!
            洞吹(どうすい)

アバター
山日和
記事: 2910
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
お住まい: 大阪府箕面市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by 山日和 »

クロオさん、こんぱんは。biwa爺さん、横からシツレイ致します。

沢谷峠から郡界尾根を登ったら、御在所ではなくて、東雨乞岳に向かいませんか?

いったいどこを歩かれたのでしょう?
御在所に向かったら群界尾根には出会わないと思うのですが…。

郡界尾根というのは旧甲賀郡と旧神崎郡の境の尾根の通称です。
なので沢谷峠から雨乞岳までの区間だけではなく、御在所から雨乞岳までを便宜上そう呼んでいます。
まあ、そう言いだすとあっちもこっちも郡界尾根だらけなんですけどね。 :lol:

                   山日和

アバター
クロオ
記事: 297
登録日時: 2011年2月20日(日) 09:08
お住まい: 愛知県海部郡大治町

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by クロオ »

山日和さん、こんばんは。


郡界尾根というのは旧甲賀郡と旧神崎郡の境の尾根の通称です。
なので沢谷峠から雨乞岳までの区間だけではなく、御在所から雨乞岳までを便宜上そう呼んでいます。
まあ、そう言いだすとあっちもこっちも郡界尾根だらけなんですけどね。


尾根は、山を駆け降りるものとばかり思っていました。
郡界尾根は、東雨乞岳から沢谷峠へ降りる尾根とばかり思っていました。
奥村さんの地図を見てもそのように見えました。

いったん、山を降りて、峠から再び山を登り返す尾根もあるのですね。
ネットの山行記録を探したら、確かに、「郡界尾根を登って御岳神社から御在所岳に登る」という記事がありました。
知りませんでした。
勉強になりました。

                                クロオ
最後に編集したユーザー クロオ [ 2019年5月30日(木) 20:37 ], 累計 1 回
     クロオ
     kuroo6@yahoo.co.jp
kitayama-walk
記事: 704
登録日時: 2011年6月06日(月) 01:33
お住まい: 京都市中京区
連絡する:

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by kitayama-walk »

今回のオフ会は、能登和倉温泉に出張のため参加することができませんでした。私は、5月の20日前後の日曜と10月の20日前後の日曜は毎年会議のためダメなんですわ。秋は外してほしいと山日和さんに頼んでいます。

とはいえ、25日は上小池から別山に登りました。雲ひとつない快晴に恵まれました。別山にはこれまで6回くらい登っていますが、最も天気がよかったです。三ノ峰から先は所々に残雪がありましたが、アイゼンは必要がありませんでした。

26日は和倉温泉での会議に出席し、翌27日に三ヶ辻山と人形山に登ってきました。残雪期に岐阜県側から登ろうとしたのですが、天気がよくなくて断念した経過があり、今回はおとなしく富山県側からのアプローチにしました。登山口までの林道は悪路のガタガタ道で、普通車ではちょっと困難な道でした。ここもまだ残雪がありましたが、アイゼンまでは不要でした。分岐から三ヶ辻山への道はやぶこきの道でしたが、30分くらい登って登頂できました。人形山の方は整備された登山道でした。途中にたくさんカタクリの花が咲いていました。山頂からの展望は、白山、笈ヶ岳、大笠山などが一望でした。人形山は今週末が山開きのようです。

クロオさん、カメさんとは、3月下旬の残雪期にあの三方岩岳と野谷荘司山に一緒に登ったことを忘れていましたか。私の方は、その後、比良山系の八淵の滝と白滝谷の沢登りに一緒に行っています。
添付ファイル
三ヶ辻山を望む
三ヶ辻山を望む
別山山頂から白山を望む
別山山頂から白山を望む
written by kitayama-walk
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

お久ぶりでした。
2月24日スノー衆有家ヶ原以来でした。
クロオさん、当日の帰路、お世話になりました<m(__)m>
有家ヶ原以来の再会でしたか! 
といっても、たった3ヶ月前ですね。送電線ゲレンデの急下りと、長い林道歩きの苦痛が甦りました(@_@。
武平峠から9時スタートでは、どこを通っても間に合わないような気がします。
走れば別ですけど…。
ちなみに、私は武平峠西側の茨谷駐車場を7時15分にスタートしました。
オフ会会場には10時50分に着きました。
七人山への大回りして3時間半ですか…。
我々も予定通りコクイ谷から行っとけば、なんとか間に合ったと思うんですけど(^_-)
沢谷峠から郡界尾根を登ったら、御在所ではなくて、東雨乞岳に向かいませんか?

いったいどこを歩かれたのでしょう?
御在所に向かったら群界尾根には出会わないと思うのですが…。
この疑問には、山日和導師の丁寧な解説にお任せしますね(^_-)
張り出した手前の支尾根から取り付きましたが、沢谷峠からのほうが歩きやすいかもしれません。
皆さんと、楽しく歩くことが出来ました。
シュークリームさんからは、いろいろ木の話をお聞きしました。
きみさんとは、バラのお話もしました。
安全快適なコクイ谷♪ と思ってたら、けっこう「酷い谷」筋でした。

数年前のオフ会の時のこと。往路でこの谷を下ってたら下から山日和さんが現れて、頭の中の時空軸がひっくり返りそうになりました。
なぜ逆から? これからどこへ? 導師はあのあとドウシたのやら、いまだに不明なまんまであります。
ひょっとして、朝明辺りから会場をチェックしておいて、コクイ谷から御在所へ出て地獄谷を下る「6」の字一筆書きでも…(@_@。
一番の驚きは、KAME仙人さんと以前、三方岩岳、野谷荘司山を一緒に歩いたことがあると知ったことです。
全く認識が無かったです。
そういえばあの時も、サングラスと帽子で、あまりお顔を出されていなかったような…。
黒髭は今年に入ってから伸び出したようです。
メジャーリーグへ行った日本人選手(イチローにせよ、上原にせよ)が、こぞって顎鬚族になるのを見て、「ヤブオフ」入りに向けての自己顕示、防衛偽装?の心境なのかもしれません(^_-)
因みに、びわ爺のヒゲは悲しいかな黒くはなりません。(-_-)
お疲れ様でした。
楽しい1日でした。
P5260168.jpg
帰ってからGPS軌跡を見たら、9km余りの歩行でした。ランチ休憩2時間を挟み往復6時間。びわ爺にはちょうどいい日帰り山遊びでした。
楽しい一日にお付き合いありがとうございました。

                      ~びわ爺
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

洞吹さん、どうも~です。
オフ会、ホンモノのホラ吹きさんがいて、ビックラこきました(^_-)
ワシ、ダイラの事件のときにKAME仙人さんにお会いしてるのですが、
今回は、前にはなかった立派なおヒゲを蓄えられていたので、わからず、
biwacoさんがうまいこと言って、何も知らないアラブの王族の王子さまを連れてきたように見えました。
アラブではないけど、太平洋のカメハメハ大王の末裔かもしれません(^_-)
あ、黒ヒゲは長年で伸びた海藻でも苔でもありませんので~。

  よって、今回辿りつけばKAME氏にとってヤブオフは初参加ということになる。
  そういうわけもあり、今回はゼッタイに到達しなければならない。
  怪しい、トンデモない、ミステリーやアバンチュールなルートに迷い込んではいけない。

お題は文句の付けようがないんです…… :roll:
亀の背中に乗ってヤブの海を越え、やってきましたリュウグウジョウ~(^.^)/~~~

  9時前にもなれば武平峠一帯はクルマの花盛りである。
  トンネル西口駐車スペースは当然満杯。
  その近くの路側も歩車分離の白線を越えてこぼれた車列が続く。


ここで駐車違反のキップ切ったら、いっぱい儲かるのにな。
おお!帰りにクルマがなくなってたのは、みんなレッカー移動???

   11時半はとっくにオーバーだ。ああ、やっぱり間に合わなかったか…(@_@。
「またbiwa爺が来てないぞ。」
「どうしたんやろ。大丈夫かいな。」
「付添人がおるらしいから大丈夫やろ。ほっとけ、ほっとけ。」
「もう帰ったんと違うか。」
などと、様々な怒号が飛び交う中、
静々と無事にご到着なされて、何よりでございます。 :D
トランプさん並みに、ヤブ千秋楽の佳境を狙って桟敷席へ~♪
お呼びでない!と言われそうだけど…(^_-)
P5260161.jpg
    30分以内の遅れは3回まわってワンと泣けば許してもらえる。
  「無事に着くことが一番大切なこと」なんだ。

3回まわってワンって、やってましたっけ?
遅刻30分ルールで執行猶予です。
トチったトチノシンもなんとか大関復帰ですからね(^^♪

  帰路はシュークームさんとクロオさんが同行してくれる。
  こうなると、まるで「白い巨塔」にある帝大医師の「総見」並みではないか(^_-)

山岳救助隊による護送下山じゃなかったんですね。
「送検」されなくて済みました(・・;)

   「気さく」が違う言葉に変わらないよう、自戒自重に努めないといけないな…と、心に誓う。
誓いとは、単なる願望のことではないと思いたい。(^^;
「誓い」の有効期限はどのくらいなんでしょうね~(^_-)

             ~びわ爺
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

山日和導師、お疲れさまでした。
事後のBBSのお守りも大変だあ~(^_-)
郡界尾根というのは旧甲賀郡と旧神崎郡の境の尾根の通称です。
なので沢谷峠から雨乞岳までの区間だけではなく、御在所から雨乞岳までを便宜上そう呼んでいます。
まあ、そう言いだすとあっちもこっちも郡界尾根だらけなんですけどね。
丁寧な解説(説明)、ありがとうございます。これでクロオさんの疑問も氷解ってことでしょう。
ところで、境界の両側とも「市」になってしまいましたが、「市界尾根」ってのも、「死界」「屍界」を連想しそうでイヤですね(^_-)

               ~では、錦秋の鈴鹿での再見を楽しみにして。biwa爺(^^♪
biwaco
記事: 1051
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
お住まい: 滋賀県近江八幡市

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by biwaco »

kitayamaラビットさん、こんにちは
相変わらずお忙しいなかを、ウサギ跳びですね(^^♪
とはいえ、25日は上小池から別山に登りました。雲ひとつない快晴に恵まれました。別山にはこれまで6回くらい登っていますが、最も天気がよかったです。
この「オプション山行」はすっかり定着ですね。(どっちがオプションか分かりませんが?)

26日は和倉温泉での会議に出席し、翌27日に三ヶ辻山と人形山に登ってきました。残雪期に岐阜県側から登ろうとしたのですが、天気がよくなくて断念した経過があり、今回はおとなしく富山県側からのアプローチにしました。
前後に貼り付けとは、なんとまあゼイタクな!
三ヶ辻と人形山は数年前の初冬に行きました。五箇山のホテルのところから続く林道を登山口駐車場まで上がりました。
少し積雪がありましたが、ヤブはそれほどでもなかった記憶が…。
クロオさん、カメさんとは、3月下旬の残雪期にあの三方岩岳と野谷荘司山に一緒に登ったことを忘れていましたか。
あの黒ヒゲで印象が違ったんでしょうね。認識にクロオされてました。(^_-)
待ち時間に馬狩料金所の野辺で採ってきたフキが、庭先の畑で元気に育ってます。
KIMG3025.JPG
                 ~介護山遊びにまた誘ってほしいbiwa爺
アバター
クロオ
記事: 297
登録日時: 2011年2月20日(日) 09:08
お住まい: 愛知県海部郡大治町

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by クロオ »

biwacoさん、こんにちは。


有家ヶ原以来の再会でしたか! 
といっても、たった3ヶ月前ですね。送電線ゲレンデの急下りと、長い林道歩きの苦痛が甦りました(@_@。


年を取ると3ヶ月なんてあっと言う間ですね。
私は、壮大な雪原のブナ林を思い出します。

IMG_8504.jpg
 
IMG_8614.jpg

この疑問には、山日和導師の丁寧な解説にお任せしますね(^_-)
張り出した手前の支尾根から取り付きましたが、沢谷峠からのほうが歩きやすいかもしれません。


郡界尾根は、雨乞岳の尾根とばかり思っていました。
まさか、尾根が峠を越えて山を登り返すとは知りませんでした。
無知で、失礼なことを申しました。

今度、鈴鹿の上高地でオフ会が開催されるときは、御在所側の郡界尾根を歩いてみようと思います。


黒髭は今年に入ってから伸び出したようです。
メジャーリーグへ行った日本人選手(イチローにせよ、上原にせよ)が、こぞって顎鬚族になるのを見て、「ヤブオフ」入りに向けての自己顕示、防衛偽装?の心境なのかもしれません(^_-)
因みに、びわ爺のヒゲは悲しいかな黒くはなりません。(-_-)


洞吹さんもおっしゃられているように、私もはじめ外国の方かと思いました。
ここのところ海外へ行かれるグローバル化が進んでいますが、ついに、オフ会に外国人が参加と思いました。

仮に、黒髭が無く、サングラスもされていなかったとしても、三方岩岳に一緒に登った人とは、思い出さなかったと思います。
何故なら、三方岩岳に4人で登った(正確には4人で登り始め、途中で一人リタイヤした)ことは明確に覚えていますが、
KAME仙人さんは、あのときも、サングラスと帽子とほっかぶりで、私はお顔を覚えていません。

IMG_2266.jpg


帰ってからGPS軌跡を見たら、9km余りの歩行でした。ランチ休憩2時間を挟み往復6時間。びわ爺にはちょうどいい日帰り山遊びでした。
楽しい一日にお付き合いありがとうございました。


これくらいの距離、時間、ゆっくり休憩が丁度いいです。
こちらこそ、ありがとうございました。


                         クロオ
最後に編集したユーザー クロオ [ 2019年5月30日(木) 23:05 ], 累計 6 回
     クロオ
     kuroo6@yahoo.co.jp
アバター
クロオ
記事: 297
登録日時: 2011年2月20日(日) 09:08
お住まい: 愛知県海部郡大治町

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by クロオ »

kitayama-walkさん、こんばんは


今回のオフ会は、能登和倉温泉に出張のため参加することができませんでした。私は、5月の20日前後の日曜と10月の20日前後の日曜は毎年会議のためダメなんですわ。秋は外してほしいと山日和さんに頼んでいます。


オフ会不参加、残念でした。
今回、常連さんの不参加、多かった気がします。
秋は参加できるといいですね。


とはいえ、25日は上小池から別山に登りました。雲ひとつない快晴に恵まれました。別山にはこれまで6回くらい登っていますが、最も天気がよかったです。三ノ峰から先は所々に残雪がありましたが、アイゼンは必要がありませんでした。


快晴の別山、羨ましいです。
もう少しして、花が咲き出したら行きたいところですが、今の自分は、上小池から別山を往復する体力が無いかもです。


翌27日に三ヶ辻山と人形山に登ってきました。


これも、羨ましいです。


クロオさん、カメさんとは、3月下旬の残雪期にあの三方岩岳と野谷荘司山に一緒に登ったことを忘れていましたか。私の方は、その後、比良山系の八淵の滝と白滝谷の沢登りに一緒に行っています。


三方岩岳と野谷荘司山に3人で登ったことは明確に覚えています。
4人で登りはじめたのですが、ホワイトロードに近づいたところで一人リタイヤしました。

そのときのカメさんのお顔をあまり覚えておらず、
ましてや、今回のKAME仙人さんは、あご髭をはやされていて結び付かなかったのです。


                         クロオ
     クロオ
     kuroo6@yahoo.co.jp
yamaneko0922
記事: 273
登録日時: 2018年11月20日(火) 06:39

Re: 【鈴鹿/上高地】ヤブオフ「総見」は介護人に守られて

投稿記事 by yamaneko0922 »

biwa爺さん

レスが既に多くて、2ページ目になっていると、1ページ目のレビューをどうやって表示したらよいのかわからず、引用が出来ないのですが、私の拙文のみで失礼します。

今回、まず綿向山の山行以来、1年半ぶりにお目にかかるのを楽しみにしておりました。ようやく往路へのrepを後ほどアップするつもりですが、ようやくオフ会の会場に到達した時、グーさん、山日和さん、satoさん以外は全く知らない人々の中にbiwa爺さんのお顔を見つけた瞬間、懐かしいとかいう問題ではなく、居場所を見つけたような安心感を抱いたのでした。とても嬉しい邂逅の瞬間でした。

あまりお話する時間がありませんでしたが、あの時のよく通る綺麗な声の女性はkame仙人さんの奥さんなのですね。きみさんのお顔は当時、サングラスをしておられたせいか憶えてはいなかったのですが、声を聞いた瞬間、(この声だ!)と思い出したました。あの綿向山の登山において、次男が登場した瞬間、「あら~アイゼンつけているのね~」というきみさんの声が私も家内も耳に残っておりました。私はこれしきの雪ではアイゼンは不要・・・などと妙なプライド故にアイゼンをリュックにしまったまま、装着していなかったのでした。

お二人にもお会い出来たこと、とても嬉しく思います。また、次のオフ会以外でも、どこかの山でお会い出来る機会がありますことを願っております。今後共、どうぞ宜しくお願い致します。
返信する