【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。

【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by グー(伊勢山上住人) » 2017年8月14日(月) 21:58



ナズナさんは絵馬小屋谷にはまだ行ったことが無いという。
グーの力量でエスコートが出来るのかどうか下見に出かけた。


【 日 付 】  平成29年8月14日(月)
【 山 域 】  台高
【 天 候 】  晴れ 
【 ルート】  林道終点8:15---9:50五所ヶ滝11:45---12:50駐車地
【メンバー】  グー単独 (一部伊賀の若者と同行)


江馬小屋林道に突っ込んでいくが、パンクを心配しながらゆっくりゆっくり。
途中で若者を追い越す。林道終点で沢靴を履いていると若者が到着。
行先は同じ江馬小屋谷で初めてだそうだ。
沢準備をしている若者より先に入渓する。
行合を見た感動は少し薄れてきたのかな。



観音滝で若者に追いつかれた。
「唐谷に比べると泳ぐところが少ないですね」
股より上は濡らさないように陸歩きのグーの後から
積極的に水に浸かって遡る若者。頼もしいね。



五所ヶ滝に着いた。「泳いで行って見てきたら」と
けしかけたら、本当に泳いで滝を見に行った。



さて、巻き道は・・・・
踏み跡を辿る。狭いバンドを伝い、苔のはがれた大きな木の根を頼りに登る。
「コワ~。戻りはこれを下らないと帰れないのね」
ゴルジュの絶壁の上には歩きやすい道があった。
五所ヶ滝を覗き込むが、足がすくむ。
滝の上で谷に下り、二股まで遡って休憩する。

若者は上流の方を見に行くと言う。
グーは滝を覗き込みながら右岸を下って五所ヶ滝の見物をする。
「ここから滝壺に飛び込めば、あの怖いトコを下らなくても済むのだけれど・・・」



戻ろうとしたらザックとニット帽が落ちていた。
「ニット帽だから、去年の12月18日から行方不明の方だろう。
 今は涸れている沢だけど、台風5号の大雨で上から流れてきたのだろうな」
登れば他にも遺留品や本人が見つかるかもしれないけど・・・・

懸垂0回のグーは足を滑らせると腕の力で自分の体を支えることが出来ません。
慎重に慎重に怖いトコを下ると、若者はすでに谷に下りていた。
お助けロープを出して安全を確保しながら下って、
谷に下り着く直前に足を滑らせてあごをぶつけたそうだ。
あごが少し切れている。大きめのばんそうこうを貼って谷を下る。
「休日診療しているところを探して縫ってもらいな」

五所ヶ滝の巻きルートはグーは二度と通りたくないです。
自分の力量に合った安全水遊びに徹しておきます。



斉藤幸夫さんのご冥福をお祈り致します。


                 グー(伊勢山上住人)
グー(伊勢山上住人)
 
記事: 1502
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by わりばし » 2017年8月15日(火) 07:12

おはようございます、グーさん。

さて、巻き道は・・・・
踏み跡を辿る。狭いバンドを伝い、苔のはがれた大きな木の根を頼りに登る。
「コワ~。戻りはこれを下らないと帰れないのね」
ゴルジュの絶壁の上には歩きやすい道があった。
五所ヶ滝を覗き込むが、足がすくむ。
滝の上で谷に下り、二股まで遡って休憩する。

初めてここを通ったのは長靴時代でした。
その時はビビったもんです。
上部は歩きやすい炭焼き道でしょ。
二股の上まで炭焼き道は続いています。

戻ろうとしたらザックとニット帽が落ちていた。
「ニット帽だから、去年の12月18日から行方不明の方だろう。
 今は涸れている沢だけど、台風5号の大雨で上から流れてきたのだろうな」
登れば他にも遺留品や本人が見つかるかもしれないけど・・・・

このタイミングで見つかりましたか。
お疲れ様です。

懸垂0回のグーは足を滑らせると腕の力で自分の体を支えることが出来ません。
慎重に慎重に怖いトコを下ると、若者はすでに谷に下りていた。
五所ヶ滝の巻きルートはグーは二度と通りたくないです。
自分の力量に合った安全水遊びに徹しておきます。

沢登りもヤブコギ歩きも全ては自己責任です。
危険回避のための手立てを打つのは当然ですが
それでも不慮の事故は起こるものです。
「全ての判断は自己責任」という事を強く感じています。
自分自身も身を正していきたいと思います。

斉藤幸夫さんのご冥福をお祈り致します。



                               わりばし
                 
アバター
わりばし
 
記事: 1099
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
お住まい: 三重県津市

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by シュークリーム » 2017年8月15日(火) 10:32

グーさん、こんにちは。
下見ご苦労さんです。
五所ヶ滝は滅多にないような面白い形状の滝なので、一見の価値がありますね。


江馬小屋林道に突っ込んでいくが、パンクを心配しながらゆっくりゆっくり。
途中で若者を追い越す。林道終点で沢靴を履いていると若者が到着。
行先は同じ江馬小屋谷で初めてだそうだ。


文脈を読む限り沢のエキスパートではなさそうだけど。まあ、できれば単独で行かない方がいいですよね。
人のことは言えないですけど。


五所ヶ滝に着いた。「泳いで行って見てきたら」と
けしかけたら、本当に泳いで滝を見に行った。


おお、なかなか頼もしいですね。

さて、巻き道は・・・・
踏み跡を辿る。狭いバンドを伝い、苔のはがれた大きな木の根を頼りに登る。
「コワ~。戻りはこれを下らないと帰れないのね」


右岸から懸垂すれば簡単に降りられます。

戻ろうとしたらザックとニット帽が落ちていた。
「ニット帽だから、去年の12月18日から行方不明の方だろう。
 今は涸れている沢だけど、台風5号の大雨で上から流れてきたのだろうな」
登れば他にも遺留品や本人が見つかるかもしれないけど・・・・


去年の12月に行方不明になった人がいたんですか。知らなかった。

五所ヶ滝の巻きルートはグーは二度と通りたくないです。
自分の力量に合った安全水遊びに徹しておきます。


お疲れさんでした。左岸から登って、右岸を降りたのかな?
単独の時は気をつけてくださいね。
                         @シュークリーム@
シュークリーム
 
記事: 1383
登録日時: 2012年2月26日(日) 17:35
お住まい: 三重県津市

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by SHIGEKI » 2017年8月15日(火) 15:56

グー(伊勢山上住人)さん  またまた こんにちは。

ナズナさんは絵馬小屋谷にはまだ行ったことが無いという。
グーの力量でエスコートが出来るのかどうか下見に出かけた。

あの~ 不肖Sも行きたいと思ってますが、行ったことないのですが・・・・


行合を見た感動は少し薄れてきたのかな。

初見 大感動ですか!!


五所ヶ滝に着いた。「泳いで行って見てきたら」と
けしかけたら、本当に泳いで滝を見に行った。

けしかけたんですね!!

あるいは、ケツかいた とか 強要したとか :mrgreen:




さて、巻き道は・・・・
踏み跡を辿る。狭いバンドを伝い、苔のはがれた大きな木の根を頼りに登る。
「コワ~。戻りはこれを下らないと帰れないのね」
ゴルジュの絶壁の上には歩きやすい道があった。
五所ヶ滝を覗き込むが、足がすくむ。
滝の上で谷に下り、二股まで遡って休憩する。

若者は上流の方を見に行くと言う。
グーは滝を覗き込みながら右岸を下って五所ヶ滝の見物をする。
「ここから滝壺に飛び込めば、あの怖いトコを下らなくても済むのだけれど・・・」

核心部ですね ますます行きたくなりました!!

戻ろうとしたらザックとニット帽が落ちていた。
「ニット帽だから、去年の12月18日から行方不明の方だろう。
 今は涸れている沢だけど、台風5号の大雨で上から流れてきたのだろうな」
登れば他にも遺留品や本人が見つかるかもしれないけど・・・・

最後の画像といい、さらっと凄い出来事に遭遇してますね。

事後もいろいろ大変だったでしょう、お疲れ様でした。

きっと、いいことあるでしょう!!


懸垂0回のグーは足を滑らせると腕の力で自分の体を支えることが出来ません。
慎重に慎重に怖いトコを下ると、若者はすでに谷に下りていた。
お助けロープを出して安全を確保しながら下って、
谷に下り着く直前に足を滑らせてあごをぶつけたそうだ。
あごが少し切れている。大きめのばんそうこうを貼って谷を下る。
「休日診療しているところを探して縫ってもらいな」

あらあら、若者もですか??

五所ヶ滝の巻きルートはグーは二度と通りたくないです。

ご案内、よろしくです。

斉藤幸夫さんのご冥福をお祈り致します。

      合掌

           SHIGEKI       
添付ファイル
SHIGEKI
 
記事: 464
登録日時: 2011年7月25日(月) 18:30

ありがとうございました。

投稿記事by 伊賀の若者(?) » 2017年8月15日(火) 18:39

昨日は、本当にお世話になりました。
顎は四針、右では捻挫で済みました。

それよりも、巻き道で滑落しそうになったことが一番の反省点です。
油断があったのだと思います。なぜ、危険なことになってしまったのか。
僕のレベルではビレイを取るべきだったのかもしれません。その辺も含めてよく考えたいと思います。
命は一つだけですからね。
 
助けて頂き、本当にありがとうございました。
 
伊勢山上さんのお名前、色んな山の上で見かけた記憶があります。
また、山や沢でお会いしましょう。
伊賀の若者(?)
 

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by グー(伊勢山上住人) » 2017年8月15日(火) 21:32



わりばしさん、こんばんは。

初めてここを通ったのは長靴時代でした。

あそこしかルートは無いの?
もっと気楽なルートがあるといいのだけれど。

このタイミングで見つかりましたか。

台風5号の大雨がちょうどグーの目の前にザックを運んでくれたようです。

危険回避のための手立てを打つのは当然ですが
それでも不慮の事故は起こるものです。


状況判断・先を読む力が大切ですね。
手抜き・おおちゃく・後手に回る。
振り返ると反省する点がいろいろ浮かびます。

斉藤さんの愛用品

あめちゃんとわりばしさんは斉藤さんとお別れに行ってくれたのですね。
ありがとうございました。
斉藤さんがヤブに残してくれたものをメンバーみんなが噛みしめたいですね。


                  グー(伊勢山上住人)
グー(伊勢山上住人)
 
記事: 1502
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by グー(伊勢山上住人) » 2017年8月15日(火) 21:37



シュークリームさん、こんばんは。
闇鍋と海外出張とがかち合って残念です。

下見ご苦労さんです。

下見の結果はナズナさんを危険な目に合わせたくないグーです。

文脈を読む限り沢のエキスパートではなさそうだけど。まあ、できれば単独で行かない方がいいですよね。

まだ沢を始めて2年だそうです。
小さなヒヤリハットを積み重ねて大事故を回避する能力を身につけてほしいですね。

右岸から懸垂すれば簡単に降りられます。

20mロープだと10mずつ3回の懸垂下降になりますね。
宙ぶらりんになったら目も当てられない。

お疲れさんでした。左岸から登って、右岸を降りたのかな?

左岸の登ったルートを下りました。何回も通れば慣れるのだろうか?

単独の時は気をつけてくださいね。

26日はお世話になります。(浮き輪を買おうかな)


              グー(伊勢山上住人)
グー(伊勢山上住人)
 
記事: 1502
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by グー(伊勢山上住人) » 2017年8月15日(火) 21:40



SHIGEKIさん、こんばんは。
闇鍋参加表明メール第1号ありがとうございます。

あの~ 不肖Sも行きたいと思ってますが、行ったことないのですが・・・・

あ そー ですか。

行合 初見 大感動ですか!!

グーは大感動しましたね。
「この狭い間隙はどのように形成されたのだろう?」

事後もいろいろ大変だったでしょう、お疲れ様でした。

「ザックを見つけた所まで案内をお願いするかもしれません」
またあの怖いトコを登らなきゃいけないのかも。
「沢登りが趣味の警察官はいますか?」と聞いちゃいました。

案内、よろしくです。

心臓に毛の生えている人に依頼してくださいな。


             グー(伊勢山上住人)

田んぼの草刈り中、土手にて

草刈り中も芸術家をしているのですね。
グー(伊勢山上住人)
 
記事: 1502
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by グー(伊勢山上住人) » 2017年8月15日(火) 21:46



よお! 伊賀の若者(?)ようこそヤブネットへ。
つらつら眺めて、気に入ったらメンバー登録をして下さい。

顎は四針、右では捻挫で済みました。

男前の正面からは見えないフランケンシュタインでよかった。

それよりも、巻き道で滑落しそうになったことが一番の反省点です。

あれはこっちも ヒヤッとしたぞ。あそこで滑落していたら即死だからね。

油断があったのだと思います。なぜ、危険なことになってしまったのか。
僕のレベルではビレイを取るべきだったのかもしれません。その辺も含めてよく考えたいと思います。


ビレイを取れる場所じゃなかったから、
三点確保の基本を忠実に実行して、安全圏まで気を抜かないことが大切ですね。

命は一つだけですからね。

そう。小さなヒヤリハットで経験を積んで、大事故を回避する技を身につけてください。

伊勢山上さんのお名前、色んな山の上で見かけた記憶があります。

?? グーは山の中に足跡は残していないはずですが・・・・
「伊勢の○○」さんと間違えていませんか?

また、山や沢でお会いしましょう。

アルツです。忘れている可能性が大です。
「江馬小屋谷で会った伊賀の若者(?)です」と名乗ってね。
「闇鍋」なんてのもやりますよ。


                   グー(伊勢山上住人)
グー(伊勢山上住人)
 
記事: 1502
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10

Re: 【台高】20170814江馬小屋谷・五所ヶ滝の巻き上がり

投稿記事by ヒグラシ » 2017年8月16日(水) 10:50

グーさんこんにちは。 はじめまして  ですかね?(^^♪
江馬小屋谷、浸食された凄い滝が有るんですね!

五所ヶ滝に着いた。「泳いで行って見てきたら」と
けしかけたら、本当に泳いで滝を見に行った。


元気な方ですね~♪ 私も泳ぐのは好きですが。

グーは滝を覗き込みながら右岸を下って五所ヶ滝の見物をする。
「ここから滝壺に飛び込めば、あの怖いトコを下らなくても済むのだけれど・・・」


沢でのスライダー、飛込はいろいろあって私は控えてます。


戻ろうとしたらザックとニット帽が落ちていた。
登れば他にも遺留品や本人が見つかるかもしれないけど・・・・


私も12日に、下尻谷遡行の帰路、中峠~朝明間で見つけてきました。
登山口に尋ね人とされてました、4年前から不明の方です。
台風の影響でしょうか、荒れた登山道脇、瀬の中ほどにポツンとザックが・・・
あまりにも不自然でしたので、周りを見渡しましたが誰もおらず、近寄ると一部埋もれてました。
ザックの下にジャケット他・・  ポケットには免許証と携帯が出て来た為、地元相対協に引き継ぎ、
翌日警察により本人共降りれたそうです。・・お盆に帰れて良かった。  合掌

お助けロープを出して安全を確保しながら下って、
谷に下り着く直前に足を滑らせてあごをぶつけたそうだ。
あごが少し切れている。大きめのばんそうこうを貼って谷を下る。


有りがちです。私は同じ事してスリップ、額を割りました。
ヘルメットへの過信は禁物ですね。


斉藤幸夫さんのご冥福をお祈り致します。


斉藤さんとは蛇谷ですれ違っただけでしたが・・・
投稿見る限り、精力的に登られてたんですね。
残念です。 
ヒグラシ
 
記事: 57
登録日時: 2013年7月15日(月) 19:08
お住まい: 愛知県瀬戸市

次へ

Return to 山のフォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[2人]

cron
Copyright (C) 2006 YABUKOGINET All Rights Reserved --SINCE 2005/03/29--(FIRST-OFF-MEETING-20060910)
アウトドア・登山用品はこちら