【台高】20170415闇天

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。
あきんちょ
記事: 44
登録日時: 2017年4月12日(水) 12:26

【台高】20170415闇天

投稿記事 by あきんちょ » 2017年4月18日(火) 22:21

闇天ぷら泊
【 日 付 】  平成29年4月15日(土)
【 会 場 】  雨子庵
【 天 候 】  晴れ 時々 小雨
【メンバー】  わりばし・雨子庵+マント・piccolo+ケルト・中野+みるく・緑水+パピー・
        シュークリーム・zipp+びぃ・斉藤幸夫・biwaco・一休・グー+ナズナ・あきんちょ
        地元の ジロニイ・マーちゃん 以上19名+ワン

ここから上は(件名も)グーさんが書いてくれました。
写真もグーさんが下さいました。ありがとうございます。

●雨子庵到着前
~グーさん、ナズナさん、あきんちょのタラノメ採り~
イチゴのイバラ盛んに生える斜面に、ポツンポツンと立つタラノメ。
ナズナさんがイバラ少ない場所をぬって進むのについて下りる。
痛い痛いと言いながらタラノメに近づく。あと5メートル、あと2メートル、株のそば到着。
見上げるとその丈3mほど。採れない。背のあるグーさんを待つ。
しかし背のあるグーさん、ナズナさんあきんちょ通った後でもひっかかる。
イタタ。
「がんばれグーさん、グーさんがんばれ」
パチパチとヤブこぐ音が下りてくる。
グーさん到着。
グーさんまずシュリンゲ振って(振りやすいようカラビナ付いてる)、タラノメ上部に引っかけ、引っぱる。
タラノメ曲がるもさすが3メートル級、なかなか屈しない。
あきんちょ加勢。幹のトゲまばらなところを親指と人差し指でつまみ、グーさん引っぱるのに合わせ、タラノメを曲げる。
おじぎしろ。えい、えい。
とれた!
葉が伸びた大きい芽。グーさんが渡してくれたのを、ウィンドブレーカーのポケットへポイと入れた。
そうして3人でまたパチパチと、イチゴのイバラを林道へもどった。


●雨子庵到着 15:00頃。
テーブルにはもう皿が並んでいて、それを囲んで男の人達がしゃべってた。
少し離れた所でしゃがんで作業してる人(斉藤さん)、ベンチに布かけてる人(あめちゃん)、三々五々、闇天の準備。
奥の机にはわりばしさんのアマゴがきれいに同じ方向を向いて並べられていた。
その端でマントちゃんとイタドリの皮むきする。
グーさん教えは皮むいて切って塩ふる、指で押し平べったくして砂糖ごま油数滴そして塩こんぶ。
イタドリ2本で途中離脱、テント張り。のちケルトさんと山菜揚げ。
タラノメ山もりあった。コシアブラも山もり。
油に入るとすぐに開いてきれいな緑色で浮きあがった。
コロモ薄いよと指摘うけ天ぷら粉追加。
天ぷら皿いっぱいになるとテーブルへ運んで塩つけて食べた。うまい。
テーブルの皿増えてた。
タケノコの味噌和え・肉の串焼き・タラノメ生ハム巻き。パクパク食べる。うまい。

ジロニイとマーちゃん(と犬のハリーさん) 軽トラでさっそうと登場。いけてる。
ロマンチストマーちゃんの月とホタルに笑った。
20170415-14.jpg
ハリーさん、じゃがいものホイル焼を見る
天ぷら鍋に戻り肉巻きアスパラ串にとりかかる。
ケルトさん:アスパラ生やからな、火通るのにどのくらいかかるんやろ。
あきんちょ:わからんです。
とか言いながらどんどん串を鍋へ入れる。
油に林立する串を見、入れ過ぎちゃうかと心配になるがもう戻れないからそのままにしといた。
1つ食べたらおいしかった。
油というのはうまくやってくれるもんだな。

できた串揚げをテーブルへ持ってくとまた皿が増えてた。
イタドリ・ワサビナにカツ節かけたの・アマゴの串焼き・焼き肉・春キャベツの玉ねぎ和え。
さっきむいたイタドリ酸っぱうまい。
ワサビナ辛いぜフゴー。
焼きアマゴ骨ごとパキパキ、さっき見た時は体平べったいなと思ったけど食べごたえあった。
焼き肉よくかんだ。
春キャベツうまうま。
斉藤さんマッコリついでくださった。
わりばしさんの骨酒。魚多しダシききまくりでアルコール強。
20170415-11.jpg
骨酒
自己紹介のあとご神木立て札にめいめいが名前書いた。
シュークームと書いてちっちゃく「リ」を添えた人、Biwacoダブルの人。
札の表と裏でギャップある。
20170415-13.jpg
20170415-12.jpg
できあがったシシ汁を、びぃさんがジロニイとマーちゃんへ渡しに来た。
ジロニイはお腹いっぱいやからとそれをくれた。みそ味で具がいっぱい入ってておいしかった。

食後のよもやま話。
緑水さんの話で人は自分の見たいものだけを見るんやというのはうんうんと思った。
話しながら緑水さんの向こうのzippさん見たら足組んで寝てる。
足の先からたき火まで20センチ位しかない。
熱いんちゃうかと思ってたら誰かがたき火ずらしてzippさんから離した。よかった。
シュークリームさんがする避難小屋の幽霊話に「やめてくださいよx2」としきりに怖がるあめちゃん。
石徹白は「いと白し」という意味。
いっぱい話を聞いたが、だいぶ忘れてしまった。
ずっと動いていたグーさんは奥のベンチで寝てしまった。見にいったらシュラフかぶって足がちょっと出てた。

0時過ぎお開き。
びぃさんツェルト張る。
やべえテン場一人で占領してもたと思ったが、張るなら屋根の下の方がいいよね、と話してるのを聞いて後ろめたさ薄らぐ。
ツェルト生地薄い。軽い。風には弱そう。居住性は一人ならいける。びぃさん山に行きたいんや、と思った。
20170415-16.jpg
雨子庵 夜
今日は晴れ時々雨。
明日はいい天気になってほしい。
そんなに寒くない夜だった。2日目へ続く。
最後に編集したユーザー あきんちょ on 2017年4月19日(水) 20:40 [ 編集 1 回目 ]

グー(伊勢山上住人)
記事: 1592
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:10
連絡を取る:

Re: 【台高】20170415闇天・16「千秋社御神木」立札奉納

投稿記事 by グー(伊勢山上住人) » 2017年4月18日(火) 23:04

20170415-10.jpg

あきんちょ、初レポ担ご苦労様~。ヨーケ書いたね。

イチゴのイバラ盛んに生える斜面に、ポツンポツンと立つタラノメ。

あんなイタイとこまでタラノメを採りに行く人はいないわな。
しかし、今年のタラノメの出の遅いこと。
例年なら4/10前後が最盛期なのに、今年は10日は遅れている。

その端でマントちゃんとイタドリの皮むきする。
グーさん教えは皮むいて切って塩ふる、指で押し平べったくして砂糖ごま油数滴そして塩こんぶ。

さっきむいたイタドリ酸っぱうまい。


箸休めとしては好評だった・・・と・・・・思うけど・・・・

タケノコの味噌和え・肉の串焼き・タラノメ生ハム巻き。パクパク食べる。うまい。

しかし、あきんちょは大食漢だね。ビックリだわ。

20170415-18.jpg 雨子庵 昼

これは4/16朝の風景です。

ロマンチストマーちゃんの月とホタルに笑った。

この話は何度聞いてもほほが緩みます。あめちゃん、詳細よろしくです。

20170415-11.jpg ヒレ酒

ん? 「ヒレ」酒?

ずっと動いていたグーさんは奥のベンチで寝てしまった。見にいったらシュラフかぶって足がちょっと出てた。

缶ビール1缶で酔い、頭痛が痛くて痛くて・・・biwa爺のハーモニカを子守歌にして

そんなに寒くない夜だった。2日目へ続く。

2日目のタイトルはドーするの?


                        グー(伊勢山上住人)

消えたzippさんの一言


 わたしの手や足には擦り傷がいっぱいあるんですが、あの夜何が起こったのか
全然記憶が無いのが怖い…。

 日曜日は、留守番、片付けかねて雨子庵でヒルネしてました。
オジヤンやノブちゃんも訪ねてこられて、残ってたタラの芽やワラビなどをわた
しの独断であげてしまいましたが、もしかして持ち帰るつもりの方がいてられた
ら申し訳ない。

あきんちょ
記事: 44
登録日時: 2017年4月12日(水) 12:26

Re: 【台高】20170415闇天・16「千秋社御神木」立札奉納

投稿記事 by あきんちょ » 2017年4月19日(水) 21:41

グーさんおつかれさまでした。

あきんちょ、初レポ担ご苦労様~。ヨーケ書いたね。
私もそう思います。書きすぎですか?

あんなイタイとこまでタラノメを採りに行く人はいないわな。
痛かったです。採れたのうれしかったです。おもしろかったです。

箸休めとしては好評だった・・・と・・・・思うけど・・・・
イタドリぐっじょぶ!

しかし、あきんちょは大食漢だね。ビックリだわ。
体重計のってないです。

20170415-18.jpg 雨子庵 昼
これは4/16朝の風景です。
失礼しました、削除しました。2日目のレポに貼ります。

ロマンチストマーちゃんの月とホタルに笑った。
この話は何度聞いてもほほが緩みます。あめちゃん、詳細よろしくです。
あめちゃんよろしくです。

ん? 「ヒレ」酒?
失礼しました骨酒ですね、会社の人に教えてもらいました。訂正。

缶ビール1缶で酔い、頭痛が痛くて痛くて・・・biwa爺のハーモニカを子守歌にして
頭痛かったんですか。頭痛が痛いというのは重複してますが相当痛かったんですね。寝てよかった!
biwacoさんのハーモニカは焚火の夜にばっちし合いました。しみました。

2日目のタイトルはドーするの?
考えてなかったです、タイトル半分半分にします、ご指摘テンキューです。

消えたzippさんの一言

 日曜日は、留守番、片付けかねて雨子庵でヒルネしてました。
オジヤンやノブちゃんも訪ねてこられて、残ってたタラの芽やワラビなどをわた
しの独断であげてしまいましたが、もしかして持ち帰るつもりの方がいてられた
ら申し訳ない。
zippさん、片づけてくださってありがとうございます。タラの芽ワラビ差し上げたの大丈夫です。あきんちょ。

biwaco
記事: 870
登録日時: 2011年2月22日(火) 16:56
住所: 滋賀県近江八幡市

Re: 【台高】20170415闇天

投稿記事 by biwaco » 2017年4月19日(水) 21:55

こんばんはヽ(^o^)丿
あきんちょ、レポ急がせてごめんなさい。
とてもイイ感じ、イイ味、イイ出汁、出てますよ。

ドタバタ、ジタバタ、アタフタの初日は、ヒタヒタと忍び寄る冷気とともに幕を閉じました。
そして、二日酔いのヨタヨタ登山。御神木は果たして建立できたのか…?
待たれる「第2日」レポ! でありますね。

昨秋のキノコ闇鍋。アプローチで初対面のあきんちょにタスキを預けたまんま、失意の撤退でありました。
しかし、この律儀な娘は爺の伝言を山中の本隊へ届けてくれたため、歴史的出会いは春へと繋がったのであります。
なにはともあれ、よかった、よかった(^_-)
●雨子庵到着前
~グーさん、ナズナさん、あきんちょのタラノメ採り~
そんなプロローグがあったんですね。
biwa爺は10時半ごろ現地到着し、恐ろしいハシゴを登って発電所の裏山へ探索に行っておりました。
結局、導水管の最上部には立派な林道がついていて、それをグルリンポンと周回して1時過ぎに下りてきました。
結局、山菜の収穫はゼロ。アセビやスギの若芽なら何ぼでもありましたが…(^_-)
●雨子庵到着 15:00頃。
テーブルにはもう皿が並んでいて、それを囲んで男の人達がしゃべってた。
少し離れた所でしゃがんで作業してる人(斉藤さん)、ベンチに布かけてる人(あめちゃん)、三々五々、闇天の準備。
奥の机にはわりばしさんのアマゴがきれいに同じ方向を向いて並べられていた。
夜の宴のため老骨に鞭打って薪割りしてたお人を忘れてませんか(^_-)
ジロニイとマーちゃん(と犬のハリーさん) 軽トラでさっそうと登場。いけてる。
ロマンチストマーちゃんの月とホタルに笑った。
ハリーとはすぐ仲良しになりました。(^^♪
天ぷら鍋に戻り肉巻きアスパラ串にとりかかる。
ケルトさん:アスパラ生やからな、火通るのにどのくらいかかるんやろ。
あきんちょ:わからんです。
とか言いながらどんどん串を鍋へ入れる。
油に林立する串を見、入れ過ぎちゃうかと心配になるがもう戻れないからそのままにしといた。
1つ食べたらおいしかった。
油というのはうまくやってくれるもんだな。
そういえば、あきんちょも油みたいな存在やな…。
自己紹介のあとご神木立て札にめいめいが名前書いた。
シュークームと書いてちっちゃく「リ」を添えた人、Biwacoダブルの人。
札の表と裏でギャップある。
P4150214.jpg
横からも縦からも御利益あるようにと思ったんだけど、欲張りジジイには天罰が下るかな(@_@。
できあがったシシ汁を、びぃさんがジロニイとマーちゃんへ渡しに来た。
ジロニイはお腹いっぱいやからとそれをくれた。みそ味で具がいっぱい入ってておいしかった。
今思えば、シシ汁も天ぷらも、なんやら焼きも、あまり食べてないような…
ビールの代りに焼酎をイイ気分でやってたのは記憶あるのですが…(゜o゜)
食後のよもやま話。
緑水さんの話で人は自分の見たいものだけを見るんやというのはうんうんと思った。
話しながら緑水さんの向こうのzippさん見たら足組んで寝てる。
足の先からたき火まで20センチ位しかない。
熱いんちゃうかと思ってたら誰かがたき火ずらしてzippさんから離した。よかった。
シュークリームさんがする避難小屋の幽霊話に「やめてくださいよx2」としきりに怖がるあめちゃん。
お三方はいずれも哲人なんです。人生を学んで下さいね。(^_-)
0時過ぎお開き。
びぃさんツェルト張る。
やべえテン場一人で占領してもたと思ったが、張るなら屋根の下の方がいいよね、と話してるのを聞いて後ろめたさ薄らぐ。
ツェルト生地薄い。軽い。風には弱そう。居住性は一人ならいける。びぃさん山に行きたいんや、と思った。
最後のフレーズにあきんちょの感受性を見た感じ。
今日は晴れ時々雨。
明日はいい天気になってほしい。
そんなに寒くない夜だった。2日目へ続く。
待ってます。(゜o゜)

                   ~biwa爺

緑水
記事: 749
登録日時: 2011年3月14日(月) 02:52

Re: 【台高】20170415闇天

投稿記事 by 緑水 » 2017年4月20日(木) 16:58

あきんちょ さんが書きました:闇天ぷら泊
【 日 付 】  平成29年4月15日(土)
【 会 場 】  雨子庵
【 天 候 】  晴れ 時々 小雨
【メンバー】  わりばし・雨子庵+マント・piccolo+ケルト・中野+みるく・緑水+パピー・
        シュークリーム・zipp+びぃ・斉藤幸夫・biwaco・一休・グー+ナズナ・あきんちょ
        地元の ジロニイ・マーちゃん 以上19名+ワン

018.JPG
泡美も参加しましたワン
住みつきのハリ-くんに遠慮しますワン
あきんちょちゃましっかり書きましたですね
楽しかった?お腹もイッパイになりました。

●雨子庵到着 15:00頃。
テーブルにはもう皿が並んでいて、それを囲んで男の人達がしゃべってた。
少し離れた所でしゃがんで作業してる人(斉藤さん)、ベンチに布かけてる人(あめちゃん)、三々五々、闇天の準備。
奥の机にはわりばしさんのアマゴがきれいに同じ方向を向いて並べられていた。
その端でマントちゃんとイタドリの皮むきする。
グーさん教えは皮むいて切って塩ふる、指で押し平べったくして砂糖ごま油数滴そして塩こんぶ。
イタドリ2本で途中離脱、テント張り。のちケルトさんと山菜揚げ。
021.JPG
山遊びのベテラン、揚げぐわいはどうですか

オイチイですよ
タラノメ山もりあった。コシアブラも山もり。
油に入るとすぐに開いてきれいな緑色で浮きあがった。
コロモ薄いよと指摘うけ天ぷら粉追加。
天ぷら皿いっぱいになるとテーブルへ運んで塩つけて食べた。うまい。
テーブルの皿増えてた。
タケノコの味噌和え・肉の串焼き・タラノメ生ハム巻き。パクパク食べる。うまい。

細身だけど食取り好いのは元気な証拠ですよ。

油というのはうまくやってくれるもんだな。
油は潤滑油美味くまとめ揚げるね
食後のよもやま話。
緑水さんの話で人は自分の見たいものだけを見るんやというのはうんうんと思った。
話しながら緑水さんの向こうのzippさん見たら足組んで寝てる。
足の先からたき火まで20センチ位しかない。
熱いんちゃうかと思ってたら誰かがたき火ずらしてzippさんから離した。よかった。
シュークリームさんがする避難小屋の幽霊話に「やめてくださいよx2」としきりに怖がるあめちゃん。
石徹白は「いと白し」という意味。
いっぱい話を聞いたが、だいぶ忘れてしまった。
ずっと動いていたグーさんは奥のベンチで寝てしまった。見にいったらシュラフかぶって足がちょっと出てた。
お酒も飲めるし観察力も好いね

030.JPG
世のおっちゃんおっさんともお目ずにお話できる
天然系かなワン
明日はいい天気になってほしい。
そんなに寒くない夜だった。2日目へ続く。
二日目読んでからの方が良いかな思いましたが、コメントに影響されるようなムスメじゃないね
またよろしく

緑酔泡美

あきんちょ
記事: 44
登録日時: 2017年4月12日(水) 12:26

Re: 【台高】20170415闇天

投稿記事 by あきんちょ » 2017年4月21日(金) 01:18

とてもイイ感じ、イイ味、イイ出汁、出てますよ。
ありがとうございます、うれしいです。

昨秋のキノコ闇鍋。アプローチで初対面のあきんちょにタスキを預けたまんま、失意の撤退でありました。
しかし、この律儀な娘は爺の伝言を山中の本隊へ届けてくれたため、歴史的出会いは春へと繋がったのであります。
なにはともあれ、よかった、よかった(^_-)
これそうとう盛ってます。

biwa爺は10時半ごろ現地到着し、恐ろしいハシゴを登って発電所の裏山へ探索に行っておりました。
結局、導水管の最上部には立派な林道がついていて、それをグルリンポンと周回して1時過ぎに下りてきました。
結局、山菜の収穫はゼロ。アセビやスギの若芽なら何ぼでもありましたが…(^_-)
そんなとこでなにしてるんですか。怖いですが楽しそうですね。林道あってよかったですね。

夜の宴のため老骨に鞭打って薪割りしてたお人を忘れてませんか(^_-)
失礼いたしました老師!今後とも薪割りよろしくお願い致します

ハリーとはすぐ仲良しになりました。(^^♪
ハリーはいいやつですね

そういえば、あきんちょも油みたいな存在やな…。
180度でカラッとね!

横からも縦からも御利益あるようにと思ったんだけど、欲張りジジイには天罰が下るかな(@_@。
下ったら教えてください笑いに行きます。けど、なんだかんだいってぬらりひょんと切りぬけそう感じがします。

今思えば、シシ汁も天ぷらも、なんやら焼きも、あまり食べてないような…
ビールの代りに焼酎をイイ気分でやってたのは記憶あるのですが…(゜o゜)
そのぶんいただきました

お三方はいずれも哲人なんです。人生を学んで下さいね。(^_-)
すみません哲人の意味調べました。人生の前に日本語学ばんと  あきんちょ

あきんちょ
記事: 44
登録日時: 2017年4月12日(水) 12:26

Re: 【台高】20170415闇天

投稿記事 by あきんちょ » 2017年4月21日(金) 01:34

あきんちょちゃましっかり書きましたですね
楽しかった?お腹もイッパイになりました。

あきんちょちゃまて、舌もつれてズッコケそうです。
楽しかったです、お腹ふくれました


細身だけど食取り好いのは元気な証拠ですよ。
そういうことにしとこう

油は潤滑油美味くまとめ揚げるね
うまいこと言う

お酒も飲めるし観察力も好いね
すいませんお酒弱いです。観察力ありがとうございます

二日目読んでからの方が良いかな思いましたが、コメントに影響されるようなムスメじゃないね
またよろしく

影響うけるってほどかわかりませんが気にしてます、よろしくおたのもうします。

アバター
わりばし
記事: 1173
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
住所: 三重県津市

Re: 【台高】20170415闇天

投稿記事 by わりばし » 2017年4月21日(金) 06:15

おはようございます、あきんちょ。

●雨子庵到着前
~グーさん、ナズナさん、あきんちょのタラノメ採り~
イチゴのイバラ盛んに生える斜面に、ポツンポツンと立つタラノメ。

いい経験になりましたね。
今年は時期が遅いので大変だったでしょう。
季節の味でおいしかったです。

ジロニイとマーちゃん(と犬のハリーさん) 軽トラでさっそうと登場。いけてる。
ロマンチストマーちゃんの月とホタルに笑った。

今回は地元の参加者が少なかったけど、地元の人たちの話はいいですよ。
山とどう向き合ってきたのかがわかります。

わりばしさんの骨酒。魚多しダシききまくりでアルコール強。

ちょっとアマゴの燻製入れすぎたみたい・・
いい出汁は出ていましたが。
出すぎですね。 :lol:
IMG_1850.jpg
雨子庵前の桜
びぃさんツェルト張る。
やべえテン場一人で占領してもたと思ったが、張るなら屋根の下の方がいいよね、と話してるのを聞いて後ろめたさ薄らぐ。
ツェルト生地薄い。軽い。風には弱そう。居住性は一人ならいける。びぃさん山に行きたいんや、と思った。

この感じ方あきんちょらしくていいです。
文は自分らしいのが一番です。
レポ担お疲れ様でした。

                                         わりばし

あきんちょ
記事: 44
登録日時: 2017年4月12日(水) 12:26

Re: 【台高】20170415闇天

投稿記事 by あきんちょ » 2017年4月21日(金) 12:47

おはようございます、あきんちょ。
お昼になりました、こんにちはわりばしさん。

いい経験になりましたね。
今年は時期が遅いので大変だったでしょう。
季節の味でおいしかったです。

おいしかったです。おもしろかったです。
グーさんなずなさんに教えてもらって採れました。一緒に行動するの勉強になります


今回は地元の参加者が少なかったけど、地元の人たちの話はいいですよ。
山とどう向き合ってきたのかがわかります。
聞きたいです、次聞きます。

ちょっとアマゴの燻製入れすぎたみたい・・
いい出汁は出ていましたが。
出すぎですね。

出汁勝ってましたね。酒弱くて味わからん私は出汁きいていればきいてるほどおいしくなります。

この感じ方あきんちょらしくていいです。
文は自分らしいのが一番です。
レポ担お疲れ様でした。

自分らしいのが一番というのは楽ですしうれしいです。感想ありがとうございました。あきんちょ

ケルト
記事: 37
登録日時: 2012年3月13日(火) 23:28

Re: 【台高】20170415闇天

投稿記事 by ケルト » 2017年4月22日(土) 20:02

あきんちょちゃん、初レポご苦労様です。

当日は山菜集めに四方八方にと彷徨っていて、到着がドベタになってしまいました。
奈良側は、まだタラの芽が伸びていなく、何か違うもの持っていかなきゃとノビルと甘草とワサビの花を
採りに行きました。

ノビルと甘草はあほほど生えていましたが土が硬く掘り出すのにpiccoloさんが苦労してました。
以前ワサビの自生地を偶然見つけ、今回行ったら株が増えていてワサビの花のしょうゆ漬けにしたら美味しそうと摘みました。

でも雨子庵に到着したら立派なタラの芽がたくさんあってびっくり、山菜天ぷらの王様がいただけるとテンション上がる。
が天ぷら担当したが衣が薄すぎて素揚げ状態になり、申し訳ありませんでした。

まんとちゃんもあきんちょちゃんも初めての場なのに良く働くので感心しました。えらい!!
今回は、人数も多いから食材大丈夫かなと心配してましたが全然心配する必要がないくらいたくさん。
なずなさんやびいちゃんに毎回まかせっきりで申し訳なかったです。

暗くなってきて雷が鳴り始め、雨が降って来た時にはどうなるんだろうと思っていましたがひどい雨にならずによかった。 :shock:

じろうさんとまーちゃんといろんなお話が出来てよかったです。
これもあめちゃんがセッティングしてくれたおかげ!!
じろうさんもまーちゃんも、色々なげかけた質問にニコニコ顔で答えてくれました。
(何時の頃からか山奥の集落の生活や昔の植林について知りたいと思うようになり、闇天は現地のおじちゃんたちが
来るので貴重なお話が聞ける唯一の場所)

ただ景観が好きってだけで山に入っていた頃とは違い、最近は昔の人の暮らしを感じながら山に入るようになりました。
山の中にはいろんな物語があるなぁ!昔を掘り起こして行くと新たな見え方がしてくるのでまた一層山が愛おしくなります。

あきんちょちゃん、ここに集まる人たちは普通の山歩きとは一味違うお話が聞けるので一層山登りが楽しくなると思いますよ。 :D

[attachment=0]image3.jpg[/attachment]
とレスじゃなく、簡単レポっぽくなった事もお詫びします。
添付ファイル
image3.jpg
先輩方のネタは参考になります
ケルト

返信