【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ やっぱり主役は〇〇さん

山行記、山の思い出、限定
フォーラムルール
新規トピックは文頭に以下のテンプレートをなるべく使ってください。
【 日 付 】
【 山 域 】 
【メンバー】
【 天 候 】
【 ルート 】
※ユーザーでなくても返信が可能です。ユーザー名に名前を入れて返信してください。

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢバーチャリさん

投稿記事by 宮指路 » 2017年3月21日(火) 20:53

バーチャリさん、こんばんは

早速のレポありがとうございます
お安い御用です。

骨折されたのですか 大変でしたね。
私も最近 膝に違和感があつたリ 3,4日前に足がつり心配していましたが
どうにか歩けました。

何でもない場所ででした。 山じゃなくてよかった。膝は大変ですね。大事にして下さい。

賤ヶ岳SAで仮眠して今庄ICの出口でも又寝ましたが 今庄ICの出口はトイレも有り少しはよそよりも、ましかもしれません

SAの中の仮眠は避けた方が良いですね。今庄ICの出口は落第忍者さんも利用したらしいです。

朝のうちは雪も締まり歩きやすく ブナに癒されながらの登り良かったです。 

そうですね。ランチ場まではそうきつく感じませんでしたが、そこから山頂までの登りでバテました。

ホントに美濃俣丸ははるかむこうに見え私も心配していましたが

県境尾根手前から見た美濃俣丸は本当に遠く感じました。
 
スノー衆で案内して頂いた三周ヶ岳かっこ良かったです。

夜叉ヶ丸の翌年に行ったのですね

1122の登りは結構辛くて先頭集団から遅れ気味になる。そのピークは雪庇が張り出していていかにも雪山を思わせる
素晴らし稜線漫歩でしたね。

最高のロケーションにスノーテーブルを囲んでの楽しいランチでした。

そうでしたね。私の正面に美濃俣丸がドカ~ンと見えました。

やっと着いた山頂はガスで何も見えず少々残念だった。
ほんと残念でしたね でもしっかりランチ場で見えていたから良しとしましょう。

全て良しというわけには行きませんでしたね。

自分一人では来れない所を案内して頂けるからありがたいです。

私は相変わらず一人で変なところに行っています。

意外な所に石像が有りましたね。

わりばしさんが不動明王と滝はセットやでと言っていました。そういえば仙ヶ岳の近くの不動滝と南尾根の不動明王は近いですね。

林道歩きの時は疲れ切ていました。

私とバーチャリさんがドベ争いをしていました。


帰宅は途中2回も仮眠して、四日市自宅に着いたのが2時になってしまいました。
私は4時につきました。

ゆっくり仮眠したのですね。眠い時は無理は禁物ですね


下山後のデザートありがとうございました。御馳走様でした。

                                                     宮指路

                                                      
宮指路
 
記事: 773
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ やっぱり主役は〇〇さん

投稿記事by 山日和 » 2017年3月21日(火) 21:02

宮指路さん、こんばんは。やっぱり漢字の方がいいですね。 :lol:

足首の骨折から2年ぶりのスノー衆で果たして歩けるか不安でした。しかしここで決断しないと永久にスノー衆には参加できないのではないかと思い

そんな大層な :mrgreen:

前夜泊は南条SAと決めたが来てみるとトラックが多くて騒音で寝られない、仕方がないのでスマート出口から出ようとしたら22時を回っていて出られず仕方がないので武生ICまで行ってUターンして反対側のSAに入って見た。

だから実施要綱にちゃんと書いてたのに~。
ゆっくり寝るならSA外がおススメですね。

雪は比較的締まっていて歩きやすい。グ~さんから「休憩まだぁ~」と大きい訴えが響くが隊列は無情にも止まりそうにない。

グーさんのその訴えは聞こえないふりをしています。 :mrgreen:

目指す美濃俣丸は県境尾根を周回してはるか先にあるが本当に着けるのだろうかと心配になる。

ここからは結構遠く見えますもんね。


「テーブルの上に雪を絶対に乗せてはダメよ」というグーさんの号令のもと、皆が手際よくスノースコップを使って雪のテーブルを作って行く。そして定番のランチタイム。
私は正面に美濃俣丸、隣に美女と絶好のポジションをゲットした。


スノーテーブルも25回目ともなれば、手際がいいのは当たり前ですね。 :lol:


グーさんが隣にちーたろーさんが居ないのが不満らしいので一万円で席を変わろうかと言ったけど値を吊り上げ過ぎたのか返事はなく、その代わりにレポ係りを仰せつかった。

ちょっと高過ぎですね。せめて500円なら・・・ :mrgreen:

やっと着いた山頂はガスで何も見えず少々残念だった。
しかしランチ場からしっかり拝ませてもらったので自分的には満足していた。


これまでの大展望で十分満足できたと思います。再訪する理由ができてよかったんじゃないですか?

途中滑り台に絶好の傾斜があり皆が思い思いに尻セードを楽しんだ。

これも雪山の醍醐味のひとつですね。 :D


そして橋のところでまたスノーシューをはめて再び歩き出したがここからの林道歩きが長く、二ツ屋ダムを過ぎても歩きは延々と続き、途中休憩は入ったもののいつ終わるともしれない雪中行軍のようにダラダラと歩いた。

この林道歩きはしんどかったですね。私はひざの痛みもぶり返してきて辛い歩みでした。 :oops:

南条SA待ち合わせ場所では行方不明になり済みませんでした。
帰宅は途中2回も仮眠して、四日市自宅に着いたのが2時になってしまいました。


宮指路さんがいないことに気付いてませんでした。 :mrgreen:

                     山日和

                                                              
アバター
山日和
 
記事: 2205
登録日時: 2011年2月20日(日) 10:12
お住まい: 大阪府箕面市

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ シュークリームさん

投稿記事by 宮指路 » 2017年3月21日(火) 21:08

シュークリームさん、こんばんは

それは大変でしたね。SAで車中泊しようとすると、アイマスクと耳栓は必須アイテムです。私はいつも常備しています。次回からお試しアレ。

なるほど、旅行センターに行けば売っていますね。

わりばしさんだけがデナリで後は全員がライトニングアッセントである
あれはわりばしさんの脚力があってこそですね。他の人には真似できません。

デナリは軽くて結構歩き易いんですよ。私がライトンニングアッセントを使っているのはたまたまヤフオクで安く買えたからです。

地形図から稜線に結構アップダウンがあるのはわかっていましたが、いざ歩いて見るとそんなにきつくはなかったですね。みんなでワイワイ歩き、昼食休憩もあったので、あっという間に歩いてしまいました。

私より1歳年上にしてはやはりお元気です。

私は正面に美濃俣丸、隣に美女と絶好のポジションをゲットした。
宮指路さんらしい位置どりでした。

これもたまたまです。

楽しい下山路でした。やっぱ、下山は早い方がいいです。
上谷山はいい山なんだけど、下山路も長くて疲れました。


アップダウンが少ないと下山も早いですね。上谷山では道迷い大変でしたね。

あの場所、ちょっとわかりにくいですね。
私は南条SAで皆さんと再会しました。SAの外の駐車場で寝たので、耳栓無しでも快眠でしたよ。
[/quote]

下り線で待ち合わせと聞いていたのでそちらに行ったらどうも反対側のようでしたね。外の駐車場も広くて快適そうでした。
ありがとうございました。

                                                      宮指路
宮指路
 
記事: 773
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ ちーたろーさんさん

投稿記事by 宮指路 » 2017年3月21日(火) 21:29

ちーたろーさん、こんばんは

>広野ダムの林道を30分くらい歩き、獣道のようなところから山の斜面に取付いた。
わかってはいますが、急斜面はやっぱり私には大変でした。


まああそこはヤブと言っても序の口ってところです。

>ピークは開けていて絶好のランチ場になりそうなのでここ>に決定。
色々とお話頂き、ありがとうございました。

あまりお話しできなかったような気もしますが :oops:

>グーさんが隣にちーたろーさんが居ないのが不満らしいの>で一万円で席を変わろうかと言ったけど値を吊り上げ過ぎ>たのか返事はなく、その代わりにレポ係りを仰せつかっ>>た。
おかげさまで助かりました(^-^)

ちーたろーさんもレポ係りの候補だったのですね。レポ係りの話になったら皆さん目線を避けていたような気がしました。

>一旦下って約250mの登り返しは相当大変そうだ。

しんどかったですね~(TT)
  いえいえ、ち-たろーさんはちゃ~んと隊列の中にいましたよ

はい。頂上を踏めただけで充分です。

山頂に立った瞬間にガスって来たというのも何だったんだろうナぁ

>そして橋のところでまたスノーシューをはめて再び歩き出>したがここからの林道歩きが長く、二ツ屋ダムを過ぎても>歩きは延々と続き、途中休憩は入ったもののいつ終わると>もしれない雪中行軍のようにダラダラと歩いた。
ホントに長かったですね~

林道を下りたところでスノーシューを外すのに手間取っていましたね。

>バーチャリさん下山後のイチゴとオレンジ?がとても美味>しかったです。
ご馳走様でした!ありがとうございました。

下山後のデザートは格別でしたね。
ありがとうございました。

                                                          宮指路
宮指路
 
記事: 773
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ やっぱり主役は〇〇さん

投稿記事by クロオ » 2017年3月21日(火) 22:13

宮指路さん、こんばんは。



前夜泊は南条SAと決めたが来てみるとトラックが多くて騒音で寝られない、仕方がないのでスマート出口から出ようとしたら22時を回っていて出られず仕方がないので武生ICまで行ってUターンして反対側のSAに入って見た。こちらの方が幾分トラックが少ないようだ。しかしどこに行ってもライトがまぶしく前日に買っておいたキッチン用の薄い断熱シートを窓ガラスに張るのに時間がかかり結局眠りについたのが深夜の1時頃だった。


以前は、前夜車中泊をよくしましたが、最近は、早朝に起きて出掛けるようにしています。
ちなみに、今庄ICの出入口にも10台ほど停められる駐車場があり、そこは静かだと思います。トイレがバイオトイレ一個しかありませんが...。


翌朝は今庄サイクリングセンターに6:30に集合、私は6時過ぎに着いたがほとんどの方が集合していた。そこから車5台に分乗し、広野ダムに向かった。広野ダムから出発し橋を渡るところで山のガイドブックの著者で有名な草川さんとすれ違った。


草川啓三氏に、お会いできるとは思ってもみなかったことでした。


標高1000mを越える頃、正面見えるのは三周、美濃俣、笹ヶ峰に続く峰々だろうまだまだ先が長そうだ。目指す美濃俣丸は県境尾根を周回してはるか先にあるが本当に着けるのだろうかと心配になる。


長い周回でした。いつまでたっても、美濃俣丸が遠く感じました。けれども、展望はよかったし、ブナもよかったし、少しだけ樹氷も見られたし、気持ちのいいスノーシューハイクでした。










「テーブルの上に雪を絶対に乗せてはダメよ」というグーさんの号令のもと、皆が手際よくスノースコップを使って雪のテーブルを作って行く。そして定番のランチタイム。


最近、皆さんスコップを持参してくださり、手際がほんといいです。






やっと着いた山頂はガスで何も見えず少々残念だった。
しかしランチ場からしっかり拝ませてもらったので自分的には満足していた。さて下山はガスまみれの山頂から予定のコースを変更して緩やかな・912の尾根向かった。


ほんと、山頂は残念でした。私は美濃俣丸は2回目だったのですが、前回来た時も、丁度山頂にいた時だけガスガスでした。是非、また、今度は快晴のときに登れたらと、思います。


しかしランチ場からしっかり拝ませてもらったので自分的には満足していた。さて下山はガスまみれの山頂から予定のコースを変更して緩やかな・912の尾根向かった。
これもグーさんの提案が通ったかたちになった。途中滑り台に絶好の傾斜があり皆が思い思いに尻セードを楽しんだ。


予定の下山ルートは急下降でいやだなアと思っていました。歩いたルートはなだらかでよかったです。ブナもたくさんありました。








そして橋のところでまたスノーシューをはめて再び歩き出したがここからの林道歩きが長く、二ツ屋ダムを過ぎても歩きは延々と続き、途中休憩は入ったもののいつ終わるともしれない雪中行軍のようにダラダラと歩いた。


林道に出てからがとても長く感じました。

お疲れさまでした。


        クロオ
アバター
クロオ
 
記事: 214
登録日時: 2011年2月20日(日) 09:08
お住まい: 愛知県海部郡大治町

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ やっぱり主役は〇〇さん

投稿記事by わりばし » 2017年3月22日(水) 06:55

おはようございます、宮指路さん。

雪は比較的締まっていて歩きやすい。グ~さんから「休憩まだぁ~」と大きい訴えが響くが隊列は無情にも止まりそうにない。間もなくその訴えを察したかのように第一回目の休憩。私はザックを尻に引いて腰を下ろした。
県境に向かう尾根は数回のアップダウンがあり一時的に急な登りもあるがヒールリフターを使って快適に登って行く。
美しいブナ林が登りの辛さを癒してくれる。

この登りやすい尾根は、昔は美濃につながる道に使われていたようです。
橋の名前で残っていた二ツ屋という集落からこの尾根を使い県境をまたいで金ヶ丸谷に下り、ここからは谷沿いに進んで徳山村門入につながっています。
通風山さんが紹介した地図にもありました。
勱谷みたいな字で書いてある谷です、今の地形図では金ヶ丸谷になっています。

https://purl.stanford.edu/cq616pt6575
ここから美濃俣丸の美濃は来ているんですねえ。
そういや二ツ屋を下った川沿いに昔の道の石積があったので林道が作られる前から使われていた道とは思っていたのですが・・

順調に下っているとあるポイントで列は急に左に曲がりヤブっぽいところに入ったなと思ったら林道に出てしまった。
途中、数人が座り込んで何かを覗き込んでいたが小さい不動明王の石像だった。

不動さんの前に滝があったので、ここが祈りの対象だったのかな?
いずれにしても廃村となった二ツ屋の人たちが祀ったのでしょうね。


帰宅は途中2回も仮眠して、四日市自宅に着いたのが2時になってしまいました。

お疲れ様でした。
雪質に助けられたとはいえ、しっかり歩きましたからねえ。
レポあげご苦労様でした。

                           わりばし



                                                                 
アバター
わりばし
 
記事: 1044
登録日時: 2011年2月20日(日) 16:55
お住まい: 三重県津市

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ やっぱり主役は〇〇さん

投稿記事by おど+ » 2017年3月22日(水) 12:52

宮指路さん、ご苦労様です。

>足首の骨折から2年ぶりのスノー衆で果たして歩けるか不安でした。しかしここで決断しないと永久にスノー衆には参加できないのではないかと思いグ~さんの勇気ある決断に後押しされて思い切って参加表明したものの最終の申込者となりました。

足首骨折して、2年経っているとは言えこの距離を歩けるのはすごいですね。

>しばらくは急な斜面をツボ足で登るが尾根の肩に着くと全員が肩の荷を下ろしてスノーシューを装着した。

スノーシューの装着がここまで出来なかったのが辛かったですね。 逆に下山時は早く脱ぎたかったのですが、最後まで履いたままで疲れましたね。

>標高1000mを越える頃、正面見えるのは三周、美濃俣、笹ヶ峰に続く峰々だろうまだまだ先が長そうだ。目指す美濃俣丸は県境尾根を周回してはるか先にあるが本当に着けるのだろうかと心配になる。

想像通りの展望が見られ、満足でした。 山頂も遠くに見えますが、標高差が少なかったのでそれほどでは?ありませんでした。

>「テーブルの上に雪を絶対に乗せてはダメよ」というグーさんの号令のもと、皆が手際よくスノースコップを使って雪のテーブルを作って行く。そして定番のランチタイム。
>私は正面に美濃俣丸、隣に美女と絶好のポジションをゲットした。

今回の雪は程よい硬さで、テーブル作りやすかったです。 :lol:

>全員が食材をしっかり腹に詰め込んで宴は終わり、目指す美濃俣丸に向け最後の急登に向かう。
>一旦下って約250mの登り返しは相当大変そうだ。

250mも登ってましたか。 まったく意識していませんでした・・・。

>やっと着いた山頂はガスで何も見えず少々残念だった。
>しかしランチ場からしっかり拝ませてもらったので自分的には満足していた。さて下山はガスまみれの山頂から予定のコースを変更して緩やかな・912の尾根向かった。

山頂はガスガスで何も見えず残念でした。

>順調に下っているとあるポイントで列は急に左に曲がりヤブっぽいところに入ったなと思ったら林道に出てしまった。

今回は尾根の末端まで行くのかもと思っていましたが、無難に林道に出ましたね。

>行きに取付いた獣道斜面を過ぎてやっと先が見えて来て広野ダムが見えて来るともう疲れも忘れロボットのように歩いて闇下寸前に駐車地の広野ダムに辿りついた。
>終着点に着いてしまえば心地よい疲れとともに達成感が湧いて来て、皆さんへの感謝の気持ちで一杯になった。

帰りが遅くなりましたが、皆さん無事に下山できてよかったです。

おど+
おど+
 
記事: 143
登録日時: 2014年1月05日(日) 15:55
お住まい: 愛知県

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆パートⅢ 山日和さん

投稿記事by 宮指路 » 2017年3月22日(水) 21:26

山日和さん、こんばんは

宮指路さん、こんばんは。やっぱり漢字の方がいいですね。 :lol:

そうですか、そう言って頂けるとありがたいです。」

足首の骨折から2年ぶりのスノー衆で果たして歩けるか不安でした。しかしここで決断しないと永久にスノー衆には参加できないのではないかと思い
そんな大層な :mrgreen:

スノー衆はそれだけハードルが高いのです。

だから実施要綱にちゃんと書いてたのに~。
ゆっくり寝るならSA外がおススメですね。


SAに着くのが遅すぎたのでスマートICから出れませんでした。

グーさんのその訴えは聞こえないふりをしています。 :mrgreen:

それでもしばらくして休憩が入りましたね。


目指す美濃俣丸は県境尾根を周回してはるか先にあるが本当に着けるのだろうかと心配になる。
ここからは結構遠く見えますもんね。

本当に遠く感じました。

スノーテーブルも25回目ともなれば、手際がいいのは当たり前ですね。 :lol:


スノースコップを担いで登ってくれる方に頭が上がりません


ちょっと高過ぎですね。せめて500円なら・・・ :mrgreen:

「高すぎる」と言われてもっと値切られると思いましたが

やっと着いた山頂はガスで何も見えず少々残念だった。
しかしランチ場からしっかり拝ませてもらったので自分的には満足していた。

これまでの大展望で十分満足できたと思います。再訪する理由ができてよかったんじゃないですか?


そうですね。もっと体力付けて笹ヶ峰から周回したいですね

途中滑り台に絶好の傾斜があり皆が思い思いに尻セードを楽しんだ。
これも雪山の醍醐味のひとつですね。 :D


絶好の滑り台がありましたね

この林道歩きはしんどかったですね。私はひざの痛みもぶり返してきて辛い歩みでした。 :oops:

膝の痛みは辛いですね。ご自愛下さい。


宮指路さんがいないことに気付いてませんでした。 :mrgreen:

疲れ果てていたのでそのままご無礼いたしました。
今回は何かとお世話になりありがとうございました。
                     
                                                         宮指路
                                       
宮指路
 
記事: 773
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆  クロオさん

投稿記事by 宮指路 » 2017年3月22日(水) 21:33

クロオさん、こんばんは。

以前は、前夜車中泊をよくしましたが、最近は、早朝に起きて出掛けるようにしています。
ちなみに、今庄ICの出入口にも10台ほど停められる駐車場があり、そこは静かだと思います。トイレがバイオトイレ一個しかありませんが...。

SAの中で寝たのは私くらいですね。今庄IC出口の駐車場は静かで評判が良かったらしいです。

草川啓三氏に、お会いできるとは思ってもみなかったことでした。

どこかで見た人だなぁ~と思いましたが、誰かが草川さんと教えてくれました。

長い周回でした。いつまでたっても、美濃俣丸が遠く感じました。けれども、展望はよかったし、ブナもよかったし、少しだけ樹氷も見られたし、気持ちのいいスノーシューハイクでした。

天気も良く、展望も良く、雪質も良くてメンバーにも恵まれ本当に素晴らしいスノー衆でした。

最近、皆さんスコップを持参してくださり、手際がほんといいです。

ホント頭が下がります。

ほんと、山頂は残念でした。私は美濃俣丸は2回目だったのですが、前回来た時も、丁度山頂にいた時だけガスガスでした。是非、また、今度は快晴のときに登れたらと、思います。

是非リベンジして下さい。

予定の下山ルートは急下降でいやだなアと思っていました。歩いたルートはなだらかでよかったです。ブナもたくさんありました。


グーさんのお陰ですね


林道に出てからがとても長く感じました。

そうですね。私は疲れ果ててダラダラと皆の後を付いていくだけでした。

ありがとうございました。

                                                    宮指路

        
宮指路
 
記事: 773
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

Re: 【越美国境】美濃俣丸 2017年スノー衆 わりばしさん

投稿記事by 宮指路 » 2017年3月22日(水) 21:42

わりばしさん、こんばんは
WBC米国に負けましたね、残念でした。大谷が出ていたら展開が変わっていたのだろうか?

この登りやすい尾根は、昔は美濃につながる道に使われていたようです。
橋の名前で残っていた二ツ屋という集落からこの尾根を使い県境をまたいで金ヶ丸谷に下り、ここからは谷沿いに進んで徳山村門入につながっています。
通風山さんが紹介した地図にもありました。
勱谷みたいな字で書いてある谷です、今の地形図では金ヶ丸谷になっています。


だから「街道の尾」とも呼ばれているんですね。歴史のあるルートらしいですが取付きは単なる獣道のようでした。

ここから美濃俣丸の美濃は来ているんですねえ。
そういや二ツ屋を下った川沿いに昔の道の石積があったので林道が作られる前から使われていた道とは思っていたのですが・・


気が付きませんでした。

不動さんの前に滝があったので、ここが祈りの対象だったのかな?
いずれにしても廃村となった二ツ屋の人たちが祀ったのでしょうね。


わりばしさんが「お不動さんと滝はセットや」と言ったのを耳にしました。

雪質に助けられたとはいえ、しっかり歩きましたからねえ。
レポあげご苦労様でした。

                          
久々に良く歩きました。
いえいいえ、お安い御用です。

                                             宮指路
宮指路
 
記事: 773
登録日時: 2011年2月27日(日) 21:13

1つ前へ次へ

Return to 山のフォーラム

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[3人]

Copyright (C) 2006 YABUKOGINET All Rights Reserved --SINCE 2005/03/29--(FIRST-OFF-MEETING-20060910)
アウトドア・登山用品はこちら