検索結果 624 件

by 柳川洞吹
2019年3月14日(木) 18:47
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越美国境】夜叉ヶ池から三国岳へ 天空の縦走路
返信数: 10
閲覧数: 318

Re: 【越美国境】夜叉ヶ池から三国岳へ 天空の縦走路

山日和さん こんばんは    広野ダムには1台の車の姿も見えなかった。今日は貸切りか。   そう思いながら出発しようとしたところで1台の車が隣に滑り込んできた。   降りてきたドライバーの顔を見ると、なんとみれさんじゃあーりませんか。 どちら様か存じ上げませんが。    岩谷林道にはまったく雪がない。   終点の登山口まで完全除雪と言うか除雪の必要がなかったのか。 除雪費が不要で、お金に余裕のない自治体にとっては、 今シーズンは福音の冬でしょう。    対岸の登山道も完全に無雪期状態。   夜叉ヶ丸ダイレクト尾根の取付きはどうにもヤブっぽく気が乗らない。   これだけ雪が無いと夏道登山道を歩...
by 柳川洞吹
2019年3月07日(木) 17:20
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越美国境】高倉峠から金草岳へ 天国と地獄の往来
返信数: 8
閲覧数: 269

Re: 【越美国境】高倉峠から金草岳へ 天国と地獄の往来

山日和さん こんばんは    初め良ければとか終わり良ければとかはよく言う話だが、   どっちも最悪で真ん中だけが天国というのはどう表現すればいいのか。 「キセル登山」なんかどうでしょう。 :mrgreen:    調子よく進んで行くと、   急にハンドルを取られるようになり直進するのが困難になってしまった。   車を降りてタイヤを見てみたら、なんと左の前輪がぺっちゃんこだ。   わちゃー、登山開始前に最悪の事態である。   タイヤ交換自体は慣れっこなので、20分ほどでスペアタイヤに交換。   元のタイヤはサイドウォールがスパッと切れて完全なバーストである。   最近の車はパンク修理剤だけで...
by 柳川洞吹
2019年2月22日(金) 10:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】インフルを吹き飛ばせ!! 湯ノ花谷左岸尾根から赤坂山
返信数: 8
閲覧数: 267

Re: 【若狭】インフルを吹き飛ばせ!! 湯ノ花谷左岸尾根から赤坂山

山日和さん こんにちは    インフルエンザにかかってしまった。 これは災難でしたね。    しんどくもないのに家でじっとしているぐらい苦痛なことはない。 しんどくはないんですか? ワシはかかったことがないのでわからないけど。    みんなが仕事をしているのに山へ向かうのは多少良心がうずくが。 真面目に働いている人は、みんなそうなのでしょう。 ワシもリタイヤした直後は、平日に遊びに行くのが なんか、いけないことをしているような後ろめたい気持ちがつきまとって、 慣れるのに半年ほどかかりましたよ。    今年の雪の少なさを逆手に取って、   例年のこの季節なら車でアプローチできない折戸谷界隈を目...
by 柳川洞吹
2019年1月06日(日) 18:40
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】年末年始の雪山2題
返信数: 12
閲覧数: 446

Re: 【鈴鹿】年末年始の雪山2題

山日和さん あけましておめでとうございます。    石槫トンネルを抜けてコンビニで朝飯を食いながら鈴鹿の山並みを眺めて行き先を考えた。   ここは鎌から藤原までの鈴鹿主脈を一望できるいいコンビニだ。 石榑トンネルの向こうに、眺めのいいコンビニがあるんですね。    紆余曲折の末に宇賀渓からの竜ヶ岳を選択。   有料駐車場には意外に多くの車が止まっている。   念のため無料駐車場に車を止めた。   意外だったのは、大晦日だというのに入山料徴収のおじさんがいたことだ。   年末年始ぐらいゆっくり休んだらいいのに。 おじさんにしたら、意外でもなんでもなくて、 「年末年始は稼ぎ時なんだから、休んでな...
by 柳川洞吹
2018年12月29日(土) 17:14
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 2018 鈴鹿の源流にて ~烈風の段木から風花舞う赤坂谷源流へ~
返信数: 6
閲覧数: 245

Re: 2018 鈴鹿の源流にて ~烈風の段木から風花舞う赤坂谷源流へ~

SHIGEKIさん こんばんは

  ~ 烈風の段木から風花舞う赤坂谷源流へ ~

「 あ か さ か だ に げ ん りゅ う 」
ああー、なんともええ響きでんなあ。

しかし、今ごろ石榑トンネル初走行って、ほんまでっかいな。
仕事忙しくて、滋賀県を出られへんかったんですなあ。

静かな年の暮れ、今日は鈴鹿まで雪になっているのかしら。
昨日はミッション3をじっくりと遂行されたことでしょうね。

   では また 2019 悠久の雪稜で

よいコタツでぬくぬくと極楽の旅を! 
             
      すでにおせちの蒲鉾が美味い 洞吹(どうすい)
by 柳川洞吹
2018年12月29日(土) 17:03
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【野坂山地】駄口の奥谷探索行
返信数: 6
閲覧数: 260

Re: 【野坂山地】駄口の奥谷探索行

山日和さん こんばんは    国道161号線の敦賀市の外れ、滋賀県との境にほど近いところに駄口という集落がある。   ここから五位川と分かれて西から流れ込む支流を遡ると、   まんじゅうのような380mピークを取り囲むように半周して、再び五位川本流へ戻る。   もちろん流れが繋がっているわけではないが、   その源頭に至る谷筋の広がりと勾配の緩さは何かがあるのではないかと期待させる。   かなり前から注目していたこの場所を探索する時が来た。 はいはい。 :D 満を持して、いよいよ探索の時がやってきましたね。 ここはワシも、どんなところかずっと気になっていましたから。 しかし、今になって、なん...
by 柳川洞吹
2018年11月29日(木) 21:33
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】雨乞岳~イブネ~タイジョウ☆子連れで初冠雪と霧氷の山へ
返信数: 4
閲覧数: 323

Re: 【鈴鹿】雨乞岳~イブネ~タイジョウ☆子連れで初冠雪と霧氷の山へ

yamaneko0922さん はじめまして なかなか山に登らない詐欺まがいの登山レポートばかり書いている 柳川洞吹(やながわどうすい)と申します。 :D    父親の登山ルートに対する嗜好性がいつの間にかその制約に優先し、   気がついてみると、野坂山地の三国岳~野坂岳の縦走など、   ヴァリエーション・ルートを次男に先頭を歩かせる山行が続いてしまっている。 次男さん、今からバリエーションルートの洗礼を受けて鍛え上げられていると、 将来が楽しみですね。    果たしてこの山をマイナーな山たらしめているのは、登山ルートの悪さなのか、   あるいはアプローチの悪さなのだろうか。   確かに山と高...
by 柳川洞吹
2018年11月29日(木) 21:22
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若丹国境】オバタケダンから八ヶ峰へ 静寂の縦走路
返信数: 8
閲覧数: 407

Re: 【若丹国境】オバタケダンから八ヶ峰へ 静寂の縦走路

山日和さん こんばんは    昨冬、初めてオバタケダンから少しだけ若丹国境稜線を縦走した。   自分の先入観が間違っていたことを思い知らされる、ブナ林の続く縦走路だった。   稜線から坂本へ下山する分岐点で東の方を眺めた時、ブナの稜線が   まだまだ続いていることを知ってこの先を確かめたくなった。 何度見ても、オバタキタンに見えてしまいます。    登山口の知見へ車を走らせる。美山の道は幾度となく走っているが、   知見へ別れる道は初めてだ。   見たことのない風景は新鮮で、   家から1時間半ほどの距離しかない場所なのにずいぶん遠くに来たように思える。 ワシもこっちの道は来たことないですね...
by 柳川洞吹
2018年11月19日(月) 21:19
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【南紀】熊野川 高田川 栂谷遡行、烏帽子山 ~ ナメと大嵓に見とれてまたもや闇下  ~
返信数: 8
閲覧数: 335

Re: 【南紀】熊野川 高田川 栂谷遡行、烏帽子山 ~ ナメと大嵓に見とれてまたもや闇下  ~

SHIGEKIさん こんばんは    今回は、奈良県を縦断して南下せず、鈴鹿峠を越えて関ICから高速をひた走った。 ワシが栂谷へ行ったのはもう20年以上前のことですが、 そのころと違って、今は新宮近辺へは、 西回りでも東回りでも、高速道路のあとに無料高速や自動車専用道路が続いているので、 きっと、紀伊半島縦断のクニャクニャ国道を走っていくより速いんでしょうね。    いきなりのナメ滝、ヒタヒタとフリクションで登る。   大岩を縫って歩くと直ぐにまたナメそして美しい瀞、この連続だ。   そして 大絶壁 ヤケベ嵓だ。   そそり立つ絶壁、静かな瀞、ナメ滝 空は蒼穹だ。   ヤケベ嵓を左手に見上げ...
by 柳川洞吹
2018年11月19日(月) 20:27
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】やぶこぎオフ会 ヨコネ~ダイラの頭 悪戦苦闘(18.11.11)
返信数: 4
閲覧数: 329

Re: 【鈴鹿】やぶこぎオフ会 ヨコネ~ダイラの頭悪戦苦闘(18.11.11)

kando1945さん こんばんは    スノー衆参加の条件は秋の遠出のレポで十分満たしたので、   レポをさぼってもいいかなと思いましたが 、   基準をクリアしたからと言ってさぼる者がいるという叱責が飛んできそうなので   遅れましたが頑張ってレポします。 :mrgreen: これこそヤブメンの鏡! 素晴らしい心掛けですね。 :D    でもやっぱり同じところではつまらないので、稜線の西にある、   前から気になっていたヨコネから稜線を伝ってもいいかなと悩んでいました。   日曜日の朝にはやっぱり体を休めたほうがいいという結論でした。 コースを決めるにあたって、いろいろ葛藤があったわけで...