検索結果 649 件

by 柳川洞吹
2019年7月13日(土) 18:19
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【両白山地】ヒトリ集中山行。野伏を愛でる(能郷白山、荒島岳、経ヶ岳)
返信数: 5
閲覧数: 290

Re: 【両白山地】ヒトリ集中山行。野伏を愛でる(能郷白山、荒島岳、経ヶ岳)

あめちゃん こんばんは    チトやってみますか、一人集中山行。   【山域】両白山地(能郷白山、荒島岳、経ヶ岳) 世間は10連休のGWもお仕事のあと、獲得されたお休みを利用されたのでしょうね。 レポを読み進めると、ワクワクしてきます。 ワシも、以前は毎年GWには白山・奥越方面へ、お盆には中ア・八ヶ岳方面へと、 4~5日かけてハシゴ登山に行っていたので、この雰囲気、懐かしいです。 そんなハシゴ登山を自分勝手に「ボヘミアン山旅(=放浪の山旅)」って呼んでました。 掲示板の中では省略されて、短く「ボヘ」と呼ばれたりしてましたけど。 ワシのプロフィールの住所が「クルマの中(簡易旅館仕様車)」となっ...
by 柳川洞吹
2019年6月26日(水) 22:35
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】登谷からボロボロの尾根をイハイガ岳へ
返信数: 10
閲覧数: 375

Re: 【鈴鹿】登谷からボロボロの尾根をイハイガ岳へ

山日和さん 再びこんばんは    ほぼ尾根芯に近いところを歩きました。西側にそんな踏み跡がありました?   恐ろしいボロボロの尾根芯を横切らないと西側に行けないと思いますが。   あれっ、これだと東側じゃないんですか? そだねー。 そんな危ないこと、できませんねー。 方向音痴に陥ってますな。 東側の書き間違いです。 進む方向は正しいけど、頭の中にあるコンパスは赤白間違ってるみたい。 :oops: そこで問題です。 ぐるっと8の字書いて歩くのと、どっちがましでしょう? :mrgreen:    温泉は万博のおゆばです。   ここで車を止めてチャリで行けば駐車料金が要らないんで。 なんと、いろい...
by 柳川洞吹
2019年6月25日(火) 22:40
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】登谷からボロボロの尾根をイハイガ岳へ
返信数: 10
閲覧数: 375

Re: 【鈴鹿】登谷からボロボロの尾根をイハイガ岳へ

山日和さん こんばんは    本日の沢は鈴鹿でもほとんど記録の見られない甲津畑の奥、和南川の上流に位置する登谷である。   メジャーな山域において記録が少ないというのはあまり面白くないということの裏返しだ。   16年前に一度遡行したことがあるが、   最初の滝と源頭の崩壊地以外ほとんど記憶にないのがその証拠と言えるだろう。   しかしそんな悪印象はなかったはずなので、もう一度確かめてみよう。 これまた、マイナーな谷ですね。 入口の橋はいやほど通ってたけど。 :mrgreen: この橋から入った巡視路を何度か使っただけで、谷は知らないので、 谷へのコメはパス。    最後の二俣を左に取るとい...
by 柳川洞吹
2019年6月24日(月) 21:41
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【両白 近江】花見散歩とリハビリ亀ハイク
返信数: 12
閲覧数: 368

Re: 【両白 近江】花見散歩とリハビリ亀ハイク

SHIGEKIさん こんばんは    スーパー林道ってどんなんだろう?   30年前から行きたかったその道に今更ながらに出かけることにした。   白山スーパーとの名前に憧れてたのにホワイトロードとはいかなる変節か・・ 白山スーパー林道って、確かにいい名前でしたね。 ワシは30年ちょい前に1度だけ、「通行料、高っ」と思いながら家族旅行で通りました。 当時片道料金3200円くらい。 4年前に白山白川郷ホワイトロードという名前に変わって、 同時に通行料金も半額の1600円になりましたね。 昔はぼったくりやなあ。 「いかなる変節か……」との憤慨の心情もわかります。 ワシも最初は、ホワイトロードォ?な...
by 柳川洞吹
2019年6月24日(月) 20:47
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】強風と雨とガスのテーブルランド
返信数: 14
閲覧数: 514

Re: 【鈴鹿】強風と雨とガスのテーブルランド

山日和さん こんばんは    T字尾根は踏み跡明瞭・道標完備で、もうすっかり一般登山道になってしまった。   テーブルランドから下る度に尾根を外していたのも今は昔の感がある。 SHIGEKIさんへの返事の添付画像を見ましたが、 そんな道標が立てられているんですか。 ここの下りの尾根はずしは定番のアトラクションでしたが、隔世の感ありますね。 :mrgreen:    敷いたシートに茶色の物体がクネクネと動いていた。   今シーズン初ヒルである。   satoさんがためらいもせずに指でつまんで放り投げた。   ヒルにまったく動じない女性を見るのは初めてかもしれない。 気温が低めで、ヒルの動きも鈍...
by 柳川洞吹
2019年6月24日(月) 20:16
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越美国境/三周ヶ岳】ヤブを泳いで未踏の山へ初詣
返信数: 10
閲覧数: 340

Re: 【越美国境/三周ヶ岳】ヤブを泳いで未踏の山へ初詣

biwacoさん こんばんは    江越美3国のほぼ交点に位置する「三周ヶ岳」は、   雨乞伝説の夜叉ヶ池北隣りのメジャーな山なのに、恥ずかしながら未踏なのだ。 どこかで記事を読んだだけで行った気になっている近辺の未踏の山って、 ワシもけっこうありますよ。    これまで何度か付近の山から稜線を眺めていたが、足を踏み入れる機会がなかった。   なんだかヤブっぽい。   岩場の急登も危険そう…(@_@。そんなイメージ。でも、一度くらい訪ねてみたいものだ。 三周ヶ岳は、昔から「ヤブの三周」って言われてますものね。    登山口の鳥居前広場に着くと、すでに車でいっぱい。   「平日なのに…。リタイ...
by 柳川洞吹
2019年6月24日(月) 18:20
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【両白 近江】花見散歩とリハビリ亀ハイク
返信数: 12
閲覧数: 368

Re: 【両白 近江】花見散歩とリハビリ亀ハイク

SHIGEKIさん こんばんは    スーパー林道ってどんなんだろう?   30年前から行きたかったその道に今更ながらに出かけることにした。   白山スーパーとの名前に憧れてたのにホワイトロードとはいかなる変節か・・ 白山スーパー林道って、確かにいい名前でしたね。 ワシは30年ちょい前に1度だけ、「通行料、高っ」と思いながら家族旅行で通りました。 当時片道料金3200円くらい。 4年前に白山白川郷ホワイトロードという名前に変わって、 同時に通行料金も半額の1600円になりましたね。 昔はぼったくりやなあ。 「いかなる変節か……」との憤慨の心情もわかります。 ワシも最初は、ホワイトロードォ?な...
by 柳川洞吹
2019年6月07日(金) 12:53
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 小ネタレポ2件:広野の夜叉ヶ池界隈散策
返信数: 6
閲覧数: 241

Re: 小ネタレポ2件:広野の夜叉ヶ池界隈散策

okuさん こんにちは    小ネタですので2本セットならレポっぽくなるかなと思います。 okuさん、セット販売もやるんですね。    そういえばで空腹にさいなまれます。コンビニでまんじゅう1個では。 肉まんやな。 :P    900mぐらいまで登って南西方面に延びる尾根を下ります。   下って沢に合流したところで朝?昼の食事にします。   少し登ってP862に一応立ち寄って、東に進んで再び北西尾根へ。   1000mあたりまで登ってしまうと、登山道まではもうすぐです。   さすがに少し早すぎますので南西に下ります。   840mぐらいのあたりに下りますが、、、ただの斜面です。   結局尾根...
by 柳川洞吹
2019年6月07日(金) 12:46
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】横谷川から芦谷山を経て甲森谷へ
返信数: 8
閲覧数: 310

Re: 【若狭】横谷川から芦谷山を経て甲森谷へ

山日和さん こんにちは    今日は横谷川の最上流に位置するソトカベという谷を探る予定だったが、 ヌリカベが頭に浮かびます。    林道の途中でコーンで通せんぼされていたので、素直に手前の広場に駐車。   コーンから50mほど進んだところで道路が崩落しており納得。 ワシが初めて横谷川に行ったときも、 何の注意書きもなく、取水場の手前100mくらいのところで道が半分崩れていて、 この広場までバックしてきました。 ここって、ときどき崩れるんですねえ。 もし崩れる瞬間に走っていたらと思うと、怖いですね。    途中で落ちていた木の枝が突然動き出したと思ったら、   1mを超すヘビだったのには驚いた...
by 柳川洞吹
2019年6月01日(土) 01:56
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】オフ会の復路
返信数: 10
閲覧数: 403

Re: 【鈴鹿】オフ会の復路

yamaneko0922さん こんばんは    ほぼ終了間際に到着することになってしまったオフ会ではあるが、   気がつくと到着してから1時間半ほどの時間が経過している。   時間が経過の早いことに今更ながらに驚く。 今回は初顔合わせのご挨拶だけになりました。 :P    いよいよブナ清水に向かって、花崗岩の間を流れる急流に沿って登ってゆく。   この沢を遡行するとしたら容易ではないと思うが、   かなり踏み込まれた明瞭な踏み跡が続いている。   昔からあった登山路のようにも思えるほどだが、   柳川洞吹さんのコメントのお蔭でここに道がついた経緯を知る。   山日和さんが「今や鈴鹿の上高地と...