検索結果 1354 件

by わりばし
2019年11月12日(火) 18:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】オフ会からの帰路 武平峠への道中記
返信数: 9
閲覧数: 336

Re: 【鈴鹿】オフ会からの帰路 武平峠への道中記

こんばんは、山猫さん。 炭焼き窯の跡のみならずかつての住居の跡と思われる石積みも見られる。程なく右岸には数段に亘る長い石垣の段々が現れた。集落の跡だろうか。 ここは大正3年ころに操業停止になった国位鉱山で石垣を上ると四連の精錬窯跡がきれいに残っています。 DSCF2499.JPG 散逸した一升瓶や食器の破片の間に土が詰まった小さな小瓶を見つけられる。「この瓶の底のユダヤのマークはなんや?」とBiwa爺さんが訊かれると、すかさず「これが例のカゴメのマークですよ」と雨ちゃんが応える。「海苔の佃煮の瓶じゃないかな」。ガラス瓶を頂いて、沢の水で中を洗って見ると、わりばしさんが鉱山跡で拾ってきたという...
by わりばし
2019年11月07日(木) 19:06
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】茨川から御池 ~ 廃村から川を歩いて亀尾を登る ~
返信数: 4
閲覧数: 215

Re: 【鈴鹿】茨川から御池 ~ 廃村から川を歩いて亀尾を登る ~

こんばんは、SHIGEKIさん。 釣りを愛し、渓を愛した同郷の(甲賀市内)山本素石は文学者でもあり、渓流や廃村についても興味深い作品を残している。  そのなかで、「廃村の夜」「山家獨居の記」「奇遇」は茨川を題材としている。 同氏はその作品によると、ひとりタクシーで茨川林道分岐(京の水あたり)まで乗り付け後は茨川まで約4時間歩いてその廃屋に泊まっている。 廃村のしかも他人の先祖代々の霊が宿った廃屋へわざわざ出向いて一夜を明かす気持ちは何度読んでも郷愁と言うだけでは理解しがたい。 山本素石ですか。私もたくさん持っていますよ。 焼尾の炭焼き窯でツチノコを捕獲したという記録からツチノコブームになった...
by わりばし
2019年11月05日(火) 19:01
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20191102ヒキウス南尾根から桧塚南斜面
返信数: 2
閲覧数: 207

Re: 【台高】20191102ヒキウス南尾根から桧塚南斜面

こんばんは」、グーさん。 千石平から西の沢を跨いでまた平がある。ここが「稍々狭いピキウス平」と記述された平のようだが・・・ グーは「千石平」より広く感じる。zippさんもここが「ひきうす平」と言っている。 クマ檻の近くに小さな窪地が2つあるがこれを碾き臼の穴(もの入れ)との見立てなのだろうか? 他にも碾き臼を連想できる地形があるのか少しうろついてみたが分からなかった。 「ひきうす平」は広く感じます。 ひきうす平と開墾地の境なんてわからないですよね。 石積みと手びねりの土管は見ました? DSCF2219.JPG 西へ歩き、尾根に乗ると崖にトラロープが張ってある。わりばしさんの探索ルートのようで...
by わりばし
2019年11月03日(日) 10:08
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 沢と紅葉と秋の恵み
返信数: 2
閲覧数: 191

Re: 沢と紅葉と秋の恵み

おはようございます、シュークリームさん。 8月中旬以降,イランと中国歴訪,そのあとは国際会議などで山から2ヶ月ほど遠ざかり,気がついたらもう紅葉の季節になっていました。この時期は紅葉とキノコ狩りを絡めた沢遊びの季節。実は紅葉が一番綺麗なのは渓中だというの知ってました? 今年の紅葉はいまいちですが・・ ポカポカ陽気で気分のいい沢遊びになりました。 DSCF2483.JPG わりばしさんに続いて秋の恵みのお便りです。 ちなみに,なめこの生育は去年より1週間ほど遅いようです。 いいナメコ木を見つけましたね。 ナメコは見つけちゃえば簡単ですが、見つけるまでが・・・ ナメコ木のストックを増やさなきゃ。...
by わりばし
2019年10月27日(日) 06:57
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 秋の山の恵み
返信数: 6
閲覧数: 226

Re: 秋の山の恵み

おはようございます、kandoさん。    9月は渓流釣りの閉めの時期だが、ここ数年はキノコ狩りの季節となっている。 まさかこの日はキノコ三昧ではなかったでしょうね。どこかの山のついでにキノコ探しかと思っていたら雑談コーナーですか。 :mrgreen: 1週間分ぐらいのナメコだけでした。 :mrgreen: ナメコの場合だと数年は同じ木に生えるので山のついででいいんですが マイタケはついででは難しいですね。    マイタケを見つけるにはミズナラの育ちやすい日当たりのよい尾根筋から急斜面の崖地までを丹念に歩くしかない。    マイタケのキノコ木は人には教えないので、経験で積み上げていくしかない...
by わりばし
2019年10月24日(木) 20:18
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 秋の山の恵み
返信数: 6
閲覧数: 226

Re: 秋の山の恵み

お久しぶりです、バーチャリさん。 こんな私でさえマイタケとナメコだけは特徴がありわかった。しかも、食べておいしいときている。9月は渓流釣りの閉めの時期だが、ここ数年はキノコ狩りの季節となっている。 ナメコ ムキタケ ヒラタケぐらいしか分かりませんが 山梨県の七面山でマスタケをゲットしてフライして食べましたが味はイマイチでした。 いろいろな美味しいキノコもあるんですが・・ 一人で間違うことなく選ぶとなると限定されてしまいます。 :oops: DSCF2463.JPG  マイタケの成長にともなう呼び名 「マメ」豆のような赤ちゃんマイタケ 「サワリ」マメから8日程度経過した若いマイタケ 「サカリ」...
by わりばし
2019年10月23日(水) 19:01
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 秋の山の恵み
返信数: 6
閲覧数: 226

Re: 秋の山の恵み

こんばんは、biwacoさん。 秋野恵ちゃん探しの昨今でしたか(^_-) マメとかサワリとかサカリとか… なんだかアヤシイ隠語とわりばしさんのニンマリ顔とがダブって、シアワセ気分になりました(なんでやねん?) 山の神はHな話が好きな女の神ですから しっかりつながっているのかも? 真面目は私には思いもつきませんでした。 8-) マイタケにナメコ。キノコにもヤブ山にも疎い爺ですが、なんとなく見分けはつきそうです。 が、マイタケを自分で見つけたことは、まだありません。徘徊が足りないんでしょうねえ(・・;) ゲットできるのはせいぜいナメコくらいですが、いつぞやはフリーズドライのようなナメコを持ち帰っ...
by わりばし
2019年10月23日(水) 18:46
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】御池岳、ヒキノから(19.10.20)
返信数: 4
閲覧数: 255

Re: 【鈴鹿】御池岳、ヒキノから(19.10.20)

こんばんは、kandoさん。 芦屋川駅に着いて出発が6:29になり、こんなことなら車で鈴鹿へ向かえば今頃は登山口についているじゃないかと後悔したことを思い出し、また鈴鹿へと気持ちが揺れます。このまま六甲で済ませば、遠出は更に億劫になりそのまま老いさらばえて行くでしょう。ずるずるとそんな 老後に向かいたくないので自分はこれまで頑張ってきたはずでした。やはり意地でも鈴鹿へ行くしかありません。 :mrgreen : その通りです。 この心意気がいいですね。 :mrgreen:    橋を渡ると右へ20mほどで谷へ入って行きます。結構水量があり荒れていて、すぐの徒渉点がはっきりしません。対岸を見れば...
by わりばし
2019年10月22日(火) 15:07
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 秋の山の恵み
返信数: 6
閲覧数: 226

秋の山の恵み

    秋の山の恵みにキノコがある。キノコは毒のあるのも多く、鹿さえも食べない。キノコ狩りを始めたころ、でかいシイタケと思って見てもらうと毒のあるツキヨタケだった。道の駅で購入してトラブルになる事の多いキノコだが、割ってみると柄に黒点があるので見分けるのは簡単だ。こんな私でさえマイタケとナメコだけは特徴がありわかった。しかも、食べておいしいときている。9月は渓流釣りの閉めの時期だが、ここ数年はキノコ狩りの季節となっている。 マイタケ  見つけると舞い踊って喜ぶことから「舞茸」になったと言われるキノコの王様だ。ミズナラの木の根元に生えるが、マイタケの生えるミズナラは100本に1本程度と言われてい...
by わりばし
2019年10月01日(火) 18:38
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】行けども行けども金ヶ丸 ~ 深い森の闇を背に揺らぐ炎を見つめる ~
返信数: 6
閲覧数: 270

Re: 【奥美濃】行けども行けども金ヶ丸 ~ 深い森の闇を背に揺らぐ炎を見つめる ~

こんばんは、SHIGEKIさん。 登山道から沢に入り、Ca1100のコルを目指す。 小さなアクシデントもあり時間はかかったが、ヤブっぽいコルに辿り着いた。 私達もここから取りつきました。 懐かしい・・ 奥美濃ぽい濃いヤブです。   香ばしい、キノコを焼いたような・・・・そうだ!舞茸を焼いた匂いだ。  何と薪木の足しにと火床にしていた大木の切り株の様な倒木の幹にへばり付いていたキノコがちょうど いい具合に焼けていたのだ。  果たして本当に舞茸なのかは不確定ではあるが、今宵の酒の友となった。 おさかなもいたでしょ。 :mrgreen: どんな食べ方しました? やさしい流れの金ヶ丸谷、やっと来まし...