検索結果 2369 件

by 山日和
2018年6月19日(火) 23:50
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】癒しの谷からブナの森へ 松永川大滝川から駒ヶ岳
返信数: 1
閲覧数: 40

【若狭】癒しの谷からブナの森へ 松永川大滝川から駒ヶ岳

【日 付】2018年6月17日(日) 【山 域】若狭 駒ヶ岳周辺 【天 候】晴れ 【コース】落合橋8:07---8:45入渓点---9:42二俣---11:19駒ヶ岳12:37---14:15桜谷山15:00---16:01林道--16:13-駐車地  期待をしなければ裏切られることもない。どこを探しても記録が見当たらないということは、沢においては面白 くないことを意味すると言っても間違いではないだろう。しかし若狭駒ヶ岳(滋賀県側からは朽木駒ヶ岳)にダイレ クトに突き上げる松永川左俣(大滝川と言うらしい)はずっと前から興味を持っていた谷である。 駒ヶ岳近辺に広がる素晴らしいブナ林から想像する...
by 山日和
2018年6月12日(火) 21:12
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 4
閲覧数: 201

Re: 耳川 カマノ谷遡行ヤンゲン谷左岸尾根下降~ 癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

SHIGEKIさん、こんばんは。 サブタイトルが前回と全く同一となった。 上書きの消し忘れではない、全くそのままなのだから仕方がない。 いいですなあ~。常にこうありたいもんです。 大きな栃の木の斜面を下るとヤンゲン谷出合、少し遡ってカマノ谷へと向かう。 直ぐに小滝が連続、しばらくで10mの直漠が落ちている。 この滝は生きたまま根っこから剥がされたような倒木が覆っている。 昨年訪れたところですが、この大滝の変わりようは信じられません。 :o P6180021_1_1.JPG やがて小さな流れは二つに分かれると、山毛欅の林とヤマボウシの咲き誇る桃源郷に至る。 静寂と平穏を絵にしたような空間だ。ゆ...
by 山日和
2018年6月11日(月) 20:05
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: スノー衆参加資格改定のお知らせ
返信数: 1
閲覧数: 201

スノー衆参加資格改定のお知らせ

スノー衆ファンのみなさん、こんばんは。 先日のやぶオフでもお知らせした通り、スノー衆の参加資格を改定します。 あの時にお話ししたように、スノー衆というイベントはやぶこぎネットのメンバーのために実施しています。 やぶこぎネットがネット上の掲示板である以上、書き込んでこそメンバーであると思っています。 もちろんメンバー以外の多数のROMの方々が支えになっているという自覚はありますが、やはり書き込みが 少ないことは板の衰退に直結すると考えています。 そこでやぶこぎネット内のいちイベントであるスノー衆に書き込みの縛りを加えたいと思います。 従来のやぶオフ参加経験に加えて、 ①年間2本のレポートアップ...
by 山日和
2018年6月07日(木) 20:41
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【大峰】お久しぶりのブラウンさんに会いました(^_^;)
返信数: 4
閲覧数: 254

Re: 【大峰】お久しぶりのブラウンさんに会いました(^_^;)

ちーたろーさん、こんばんは。 【コース】白谷池郷林道ゲート前7:30---9:30池郷川本谷(上部)取りつき---15:50小池の宿付近(泊) おっと、これは私が行きたくて行けてないとこじゃないですか。 :lol: 何となく踏み跡はあるが、急斜面を登ったりして暑いし 沢に着く前にバテバテ。だんだんもう帰りたくなってくる(笑) 2時間くらい歩いてやっと沢に入る。「綺麗~」 沢に到達するまで結構長いんやねえ。 しばらくして休憩していると見たことのある懐かしい顔が・・・ 靴の紐の穴から入って行こうとしているブラウンの・・・ 「ぎゃー」と言いそうになるのをぐっとこらえて、静かにジョニーをシュー。 あ...
by 山日和
2018年6月07日(木) 17:32
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷
返信数: 8
閲覧数: 335

Re: 【鈴鹿】静寂の炭焼き谷を巡る 松山谷・西鎌尾根・ニゴリ谷

わりばしさん、こんばんは。 愛大の黒のユニフォームが脳裏をよぎる。当時は各ワンゲルごとにユニフォームの色が決まっていて、遠くからでも色をみればどこのワンゲルか察しはついたものだ。ユニフォームがなかったのはkasayaさん所ぐらいだった。 古き良き時代ですね。黒やら赤やらチェックやら。厚手のウールのシャツにグレーのニッカボッカが定番スタイルでした。    スカイラインを少し下るとガードレールに赤テープが巻いてあり反対側には木の階段までつけてあった。 これは通さんの作品らしいです。 :D ニゴリ谷ルートへのテープ道で、ここから入渓し、堰堤を二つ右岸から越える。 さっきの入口へ行かず、スカイライン...
by 山日和
2018年6月07日(木) 16:42
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負
返信数: 4
閲覧数: 210

Re: 【大峰】勝負塚山で真剣勝負

skywalkさん、こんばんは。   前週、白山で極楽登山を終えた後は行きたいところが無くなり、このまま梅雨入りかと思っていたら いいですねえ。私は極楽へ行く前に梅雨入りです。 イツボ谷出会いの橋の袂には奈良ナンバーのセダンが駐車禁止の看板を無視して止めてあった。道路の反対側にも駐車スペースはあったが、無用なトラブルを避けるため200mほど戻った広い路肩に車を止めて出発した。 このあたりはいつも駐車地に苦労します。  勝負塚山には登ったことはないが、かなりの難路らしい。 20年ほど前に小学生だった子供を連れて登りましたが、なかなかの険路だった記憶があります。 梯子を渡るとまた広い牛道が出てき...
by 山日和
2018年6月06日(水) 17:57
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 加越 動橋川源流散策
返信数: 5
閲覧数: 170

Re: 加越 動橋川源流散策

okuちゃん、こんばんは。 ルート紛らわしいですが、福井県側の横倉からR416の410mあたりに駐車して、R416をひたすら歩いて鈴ヶ岳登山口。 鈴ヶ岳登山口から鈴ヶ岳ピーク南の1170mあたりから西に尾根を下って動橋川源流。 下った尾根を再度登り返して、登山道経由で大日山~越前甲~横倉の駐車場周回です。 この登山口って、私がGWに登った新保の登山口ですよね。 しかしここまで国道歩き1時間50分とは・・・ :o  どうでもいいのですが、地形図加賀丸山の平成12年修正測量版では、登山口も登山道も違っています。 ここからはカタクリ小屋への登山道ですね。登山口の位置違ってる?  この看板見るまでは...
by 山日和
2018年6月05日(火) 21:28
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ
返信数: 10
閲覧数: 523

Re: 【鈴鹿】20回記念のやぶオフ

洞吹さん、どうもです。 ブナ清水は、伊勢谷が源流に向かってグイッとUターンした先にあると考えたので、 伊勢谷の流れを遡るのが、発見確率が高いと思って。 朝明から見て、根ノ平峠の手前と言えば手前ですね。 なるほど、論理的思考です。 :D 大差ないと言えばそうですけど、そういう問題じゃなくて、 やっぱり狙い通りの尾根を進みたいための長考でした。 なるほど、そりゃそうですよね。 朝明の別荘(ほらふき山荘?)の先の旧渡渉点から右手の尾根に付いて、 登り方向で一度だけ歩きましたよ。 2003年だから15年前です。 途中、ギャップの下りがあったり、三角に尖がった岩尾根があったりして、 スケールは小さいな...
by 山日和
2018年6月05日(火) 17:25
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~
返信数: 8
閲覧数: 272

Re: 【若狭】耳川 渓歩き 二題 ~癒やしの谷と山毛欅の森で昼寝 ~

SHIGEKIさん、こんばんは。 【山 域】若狭 耳川桧谷~ノロ尾の高 昨秋、都合が合わなかった谷ですね。 穏やかな谷だ。しばらくで高さはないが美しい直漠や階段状の小滝が出てくる位でのんびり歩きにはちょうどいい。 若狭耳川仕立ての優しい谷です。歳を取るとこういう谷がええですわ。 :D  上段の直漠風と下段のナメ風の滝を登るとちょうどその上が二股だった。 このあたりの風情も実によろしいです。    山毛欅の木陰で小鳥のさえずりを子守歌に安らかに眠りについた。 イヤ、永眠したのではない。が、昼寝と言うには長すぎたかもしれない。 谷の水を沸かし、頬をなでる爽やかな風とコーヒーの香りをゆっくり楽しん...
by 山日和
2018年6月05日(火) 16:49
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く
返信数: 4
閲覧数: 147

Re: 【中国】三平山から金ヶ谷山へ 計算違いの大山蒜山展望とブナ林の尾根を行く

洞吹さん、こんばんは。 えらい真面目にアップするようになりましたねえ。 :lol: 今回の山は、伯耆大山のほぼ南10kmのところにあって、 大山や蒜山三座の展望台として人気の山、三平山から、 朝鍋鷲ヶ山を経て金ヶ谷山まで、ブナ林の尾根を行く計算違いシリーズ第5弾。 人気の山なの?全然知りませんでしたわ。山の名前がチンプンカンプン。 近畿・中部・北陸などのワシがよく行く山域は 「白山、奥越、越美、奥美濃、鈴鹿、湖北、野坂、比良、若狭、大峰、台高」などと 山脈山地名や旧国名で細かく呼び分けているのに対して、 中国地方は5県全部ひっくるめて「中国山地」というのはちょっと大雑把すぎるような気がするが...