検索結果 2737 件

by 山日和
2019年9月12日(木) 20:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 197

Re: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

洞吹さん、どうもです。 これまた、マイナーな場所へお出ましで。 夫婦池というのは、メガネ池とも言われている池のことですね。 その通りです。 突然話しは変わりますが、昔の記憶がちびっとだけ蘇ってきたので。 昔、隣のワサ谷の林道から入って、どこかへ行きましたね。 あの時、林道を歩きながらメガネ池の話しが出たのは覚えているんですが、 ただ、駐車地と林道途中と入渓点の風景以外は、どこへ行ったのかも含めて全く記憶なし。 たいがい、ある程度は覚えているんですけどね。 これだけ何も覚えてないのは、自分でも珍しい。 ワサ谷の支谷の林道屈折点から谷を詰めて、御伊勢山まで行ったんでしたっけ。 帰り道も、谷のピス...
by 山日和
2019年9月12日(木) 19:54
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 197

Re: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

okuちゃん、どうもです。 懐かしいです。昔、違和感感じつつも、尾根上の池記号目指して歩きました。 ほんとになぁぁ・・ コースはだいぶ違いますし、この池には寄っていませんが。 越戸谷山で検索すれば、意外と記録が出てくるものですね。 さすがokuちゃん、目指してましたか。当然池はなかったですよね。 昔はりっぱな案内看板を立てて道を拓いた人がいるようですが。 嶺北は林道、充実していますね。手入されている植林ならいいかなと思います。 充実がいいのかどうかはなんとも言えませんが。 P9070004_1.JPG >テープに従ってブナの森を進むと、池はそこに、あった。 おめでとうございます。 ありがとう...
by 山日和
2019年9月11日(水) 20:39
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 197

Re: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

SHIGEKIさん、どうもです。 年寄りが縁側で茶をすすってる以上の渋さですね :mrgreen: これは渋さの新しい表現方法ですな。 :lol: この鉱山って、あの堂辻スノー衆、ルート真ん中らへんにあったところのことですよね? その通りです。 >積雪期であれば堂ヶ辻山、岩谷山、御伊勢山など、雪のない時は風采の上がらないヤブ山が実に魅力的な雪山に 変身する。 全く、その通りでしたね。 いい時に歩かせて頂きました。 この辺であれ以上の状況にははなかなか出会えんでしょう?? まさにベストコンディションだったのではないでしょうか。 ほどよい積雪、締まった雪、抜けるような青空、そして霧氷と、考えられ...
by 山日和
2019年9月10日(火) 21:37
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ
返信数: 6
閲覧数: 197

【奥越】大納越戸谷から秘密の池へ

【日 付】2019年9月7日(土) 【山 域】奥越 九頭竜湖左岸域 【天 候】晴れ 【コース】下大納7:10---8:05越戸谷林道終点---12:00夫婦池13:50---14:25越戸谷山---15:35林道---16:35下大納  下大納(しもおおの)は福井県旧和泉村(現在は大野市)の九頭竜ダムにほど近い山中の集落である。 九頭竜川支流の大納川上流には、かつて中竜鉱山という大規模な鉱山があったが、廃鉱になった後アドベンチャ ーランド中竜というレジャー施設として利用されていた。今ではそれも閉鎖されて、下大納、上大納というふた つの集落がひっそりと佇んでいる。  このあたりの山には登山道が...
by 山日和
2019年9月10日(火) 16:30
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場
返信数: 4
閲覧数: 188

Re: 【台高】20190901地蔵谷右岸第一支谷から山日和さんランチ場

グーさん、こんばんは。 ---11:15山日和さんランチ場13:50---16:05駐車地 早速検証に行きましたか。 :lol: 8/31(土)に予定のデート山行を前日の朝になって急遽延期した。 ところが8/31の朝はお日様も照るまずまずの上天気。 「延期しなけりゃよかった」と悔やむことしきり。 ふっふっふ。私は予定通り8/31にして正解でしたよ。特に北の方はいい天気でした。 :D 地蔵谷右岸第一支谷の1つめの段滝はいつも通り美しい。 しかし、2つ目の見所の滝には大きな倒木が2つも。 景観が台無しだ。朽ち果てるには5年以上かかるだろうな。 初めて訪れた15年ほど前は、ホントに美しい谷でした。...
by 山日和
2019年9月05日(木) 22:06
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山
返信数: 2
閲覧数: 159

Re: 【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山

洞吹さん、どうもです。 こんなマイナーな谷への訪問は、 このエリアの落穂ひろいのようになってきましたね。 耳川流域ほどではありませんが :mrgreen: まさか水流のない涸れ谷の出合いとは。 これは見落としてしまいますね。 よーく見ていたつもりなんですが、まさかまさかでした。 :o P8310024_1_1.JPG 谷の分岐を見つけたまではいいが、 「なんじゃい、これは!」のびっくり感、お察しします。 まじっすか!!って感じでした。 >源頭はブナ林だということだけはわかっているので、それを楽しみに我慢するしかないのか。 ここまできたら、諦めて前進するのじゃ。 御意!! おおっ、よくなってき...
by 山日和
2019年9月02日(月) 22:48
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山
返信数: 2
閲覧数: 159

【若狭】松永川右俣左谷から桜谷山

【日 付】2019年8月31日(土) 【山 域】若狭 桜谷山周辺 【天 候】晴れ 【コース】落合橋8:00---松永川右俣左谷入渓点8:45---12:20桜谷山14:20---15:30林道---15:45駐車地  福井県小浜市を流れる松永川。沢登りの対象とは見なされていないマイナーな谷である。 10数年前に訪れた右俣の右谷は、沢として面白いというレベルではないが、しっとりと落ち着いた沢歩きが楽し めた。今回はその左支流を探索してみよう。 P8310011_1.JPG  林道を歩いていると、対岸の杉林の中に小さな3条の滝が見えた。谷地形ではなく、ただの植林の斜面からい きなり滝になって右俣...
by 山日和
2019年8月29日(木) 16:30
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【鈴鹿】神崎川から谷尻谷 ~ 昼寝しすぎてヘッデン沢下降 ~
返信数: 6
閲覧数: 261

Re: 【鈴鹿】神崎川から谷尻谷 ~ 昼寝しすぎてヘッデン沢下降 ~

SHIGEKIさん、こんばんは。 【コース】P 6:35-白滝谷出合8:00/:30-谷尻谷出合9:40/10:30-大釜滝上12:30/13:50-        コリカキ場15:50-ウズ原峠16:50-ジュルミチ滝上16:35-ウソクラノ下降      19:00-神崎川19:25-P20:00 なんと、下谷尻谷だけで13時間半行動?ですか!! :shock: よほど楽しいことがあったのならいいのだが、落とし物を探しに行ったのだ。 そんなことがありましたねえ。サイフでしたっけ。 更に遡ること10年、'99年には谷尻谷と神崎川でD吹氏と遭遇している。 初対面だがこの日以来大阪方面に足を向...
by 山日和
2019年8月24日(土) 23:09
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】増水の木屋谷川から水無山北東尾根
返信数: 8
閲覧数: 357

Re: 【台高】増水の木屋谷川から水無山北東尾根

satoさん、どうもです。遠路はるばるお疲れさまでした。 :D 何より大阪の町の運転が壁となり(長距離の運転は大丈夫?です)、自分から行こうという気持ちにはなりませんでした。 別に大阪の町中を走るわけではありませんよ。 :mrgreen: お盆の台風による川の増水が気になりましたが、二日経ったので大丈夫だろうと向かったのですね。 一応、水位計の数字をチェックしていたのですが・・・ 激しい波飛沫を上げ荒れ狂った流れを林道から見た時は唖然としました。 これには驚きました。ホンマに入渓できるんかいなと。 :o P8180056_1.JPG 遡行地点から先は躍動感あふれる谷という印象でした。水が躍り...
by 山日和
2019年8月23日(金) 20:02
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】増水の木屋谷川から水無山北東尾根
返信数: 8
閲覧数: 357

Re: 【台高】増水の木屋谷川から水無山北東尾根

わりばしさん、どうもです。 青田の乾留ワールドへようこそ。 なんかよくわからんワールドですが :lol: 菅谷川の駐車場で正解でしょう。 取水ダムの右岸に第1工場、千秋社事務所跡に第2工場です。 万歳橋が第3工場です。 ワサビ谷出合手前が第4工場。 ここが第5工場。 いやー、沢の増水よりわりばしさんの解説の方が凄い!! :mrgreen: P8180051_1.JPG オジヤンに聞いたところ乾留会社から千秋社は山を買い受けたそうで 千秋社が使っていた現在の登山道も元々は乾留工場をつないだ道を受け継いだようです。 なるほど。 satoさんの実家は野田なので、千秋社と縁があったのかも。 :D  ...