検索結果 90 件

by アオバ*ト
2020年7月07日(火) 22:33
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高南部】「りゅうの物語 第三章」柳ノ谷・駒ノ滝
返信数: 4
閲覧数: 457

Re: 【台高南部】「りゅうの物語 第三章」柳ノ谷・駒ノ滝

 skywalkさん、こんばんは! レス、ありがとうございます。 今からひと昔前の尾鷲赴任時代には毎週のように台高南部をゴソゴソ歩き回っていました。台高主稜線に乗るには木組峠に出るのが普通なのですが、坂本貯水池まで行くには車の運転も大変なので又口からよく登りました。 そうだったのですか!それはそれは、うらやましい。わたしなど、尾鷲にお引越ししたいくらいです。 「坂本貯水池」から、あるいは「又口」から登るというのは、少数派のような気がするのですが、「地蔵峠」からという選択はされなかったのでしょうか? 龍辻というのは橡山分岐のことですかね。尾鷲道というのは地形図の破線のことだと思いますが、破線ル...
by アオバ*ト
2020年7月06日(月) 21:50
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高南部】「りゅうの物語 第三章」柳ノ谷・駒ノ滝
返信数: 4
閲覧数: 457

Re: 【台高南部】「りゅうの物語 第三章」柳ノ谷・駒ノ滝

  biwacoさん、こんばんは! 早々と、愉快なレス、ありがとうございます。 第3ステージは「夏の章」。ついに銀の鱗を撒き散らしながら天に昇るかのような「りゅう」が登場しましたね。 鬱陶しい梅雨の末期、熊本では「りゅう」の悪仲間が大暴れして人間に襲いかかっているとか。被害者への追悼とともに、そんな悲しい結果を招いてしまう自然・地球と人間のかかわりについて、いろいろと考えさせられてしまいます。 ほんとうに、豪雨や洪水に見舞われるたびに、自然とは人知をはるかに超えるものとの思いを強くします。 地形図には詳細な地名やガイド情報が載っていないので、想像するしかないです。 ま、もちろん歴史的、社会的、...
by アオバ*ト
2020年7月04日(土) 23:15
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高南部】「りゅうの物語 第三章」柳ノ谷・駒ノ滝
返信数: 4
閲覧数: 457

【台高南部】「りゅうの物語 第三章」柳ノ谷・駒ノ滝

   前回の「龍ノ高塚」のレポを書いていた時、いいタイトルが思いつかなくて、 やや投げやりに「第二章」と付けた。自分では、続きがあるとは思っていなかったが、 Tさんより、「こんどは柳ノ谷を遡って駒ノ滝を見に行こう」との、なんとも魅力的なお誘いが来た。 また、思いがけず、biwacoさんよりも「さて、第三章はあるや否や?」との嬉しいコメントも頂戴した。 で、もって、たいへん拙い語り部ですが、「第三章」、お送りいたします。 【山行日】2020年6月27日(土) 【山域】台高南部 柳ノ谷・駒ノ滝 【メンバー】Tさん、アオバ*ト 【天候】晴れのち曇り 【ルート】又口橋8:00、林道終点8:45、入渓点...
by アオバ*ト
2020年6月29日(月) 22:36
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】小栗 私の中で光を放つ山の、ひとりでは見ることのなかった風景
返信数: 5
閲覧数: 500

Re: 【若狭】小栗 私の中で光を放つ山の、ひとりでは見ることのなかった風景

satoさん、こんばんは。 レス返、ありがとうございました。 上根来の集落は、‘今’の人の匂いがする廃村だなぁと思っていました。 小浜観光局のボランティア組織が主体で「上根来プロジェクト」という活動をされていると知りました。 集落には登山コースの看板もあり、私たちの下った尾根もコースになっていました。 小学校は腐朽が進み、平成30年に取り壊されてしまったそうです。形あるものはいつかなくなる・・・でも、寂しいですね。 上根来からの木地山峠道、根来坂も、いい道だなぁと感じます。 集落のことをもっと知ったら、より道は輝きを増すのだろうなと思います。 この小学校、取り壊しされてしまったのですね。 20...
by アオバ*ト
2020年6月26日(金) 12:36
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】小栗 私の中で光を放つ山の、ひとりでは見ることのなかった風景
返信数: 5
閲覧数: 500

Re: 【若狭】小栗 私の中で光を放つ山の、ひとりでは見ることのなかった風景

 satoさん、度々失礼します。アオバ*トです。 ひとつ、書き忘れていました。 というか、いちばん大事なトチの巨樹のこと。 最初にコメントしたい箇所をドラッグしてコピーするのですが、 いちばん最後の部分をドラッグし忘れていました。 緩やかな谷の源頭の落ち葉の積もった斜面にしゃがみこみ、トチを見上げる。 いったい、いつの時代に発芽し、どれほどの年月、谷を見つめてきたのだろう。 何百年も見続けてきた風景に、今、私たち四人の姿が重なるのだと思うと胸が熱くなる。 おおきなおおきなトチを見ていると、私たちは、なんてちいさな存在なのだろうと感じる。でも、そのちいさな存在が、無性にいとおしくなる。 そして、...
by アオバ*ト
2020年6月25日(木) 22:57
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【若狭】小栗 私の中で光を放つ山の、ひとりでは見ることのなかった風景
返信数: 5
閲覧数: 500

Re: 【若狭】小栗 私の中で光を放つ山の、ひとりでは見ることのなかった風景

 satoさん、お久しぶりです。アオバ*トです。 あ、「小栗」!!、と思って、読みました。 「小栗」、わたしも大好きです。 とても気に入って、3回くらい行きました。 「3回くらい」というのは、うち1回のルートがよく思い出せないので。 ピークの南側直下で東からの源流が尾根と出合う辺りが、すごく美しいなと思います。 それにしても、satoさんの、これらのゆたか過ぎるほどの言葉の数々には、もう圧倒されます。 しばらくすると、今度は、足元が星の砂のようなちいさな白い花で覆われる。ソヨゴの花だ。 春から夏へと季節が移ろうひと時、山は淡い雪で飾られる。白く儚い花の雪に。 緑の海に、白い花の雪が散りばめられ...
by アオバ*ト
2020年6月25日(木) 12:59
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20200620またもドジしたデート山行・国見山
返信数: 4
閲覧数: 469

Re: 【台高】20200620またもドジしたデート山行・国見山

  グーさん、こんにちは、アオバ*トです。今日は昼休みに書いてます。 さっそく、レス返ありがとうございました。 千秋林道は通れたのですね。14日の日曜日は雨子庵のすぐ横で作業していました。 伐採作業中の看板は立てられていましたが、作業時間外に通過させていただきました。 水無山北東尾根は初めてでしたか。いい尾根でしょ。 はい、すてきな尾根ですね。大きな倒木が可哀そうでしたが。 水無山手前の鞍部から入れば岩場を下らなくて済むので楽です。 教えてくださり、ありがとうございます。 でも結局この日は、稜線に上がらず、ご神木からそのままトラバースして、 緩くなったところで乗りました。 こまめに掃除をしてく...
by アオバ*ト
2020年6月23日(火) 22:31
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20200620またもドジしたデート山行・国見山
返信数: 4
閲覧数: 469

Re: 【台高】20200620またもドジしたデート山行・国見山

  グーさん、こんばんは、アオバ*トです。 先頃は、木梶の駐車場でバッタリお会いできてうれしかったです。 【 日 付 】  令和2年6月20日(土) 今回は、一日遅れでした。 ご神木ノートみて、「20日っていつ?」「きのうじゃないの」「え~きのうかぁ」ってなことで、 思わずノートに「会えなくて残念でした」と書いてしまいました。 昨日までの雨で水量が多い。ゼエノ谷出合が渡れない。 渡れる所を探してゼエノ谷右岸を辿る。かなり遡って渡った。 日曜日も、けっこう水量多かったですが、土曜日はもっとすごかったのでしょうね。 すこし水が引いたであろう日曜日でも、 奥山谷出合からの木屋谷川の「沢歩き」が、わた...
by アオバ*ト
2020年5月14日(木) 21:58
フォーラム: 雑談コーナー
トピック: 訃報
返信数: 6
閲覧数: 1457

Re: 訃報

この場を借りて、 「グーさん、プライベートメッセージ今日やっと拝読しました。 レポアップしない限りログインすることがないもので、すみません。」 でも、ここに書き込みしようかなと、思ってたとこなんです。 わたしは、緑水さんにお会いしたことがありません。 以前に、「五代目さん」のブログでお見かけした茶色の毛糸の帽子にピンクの耳の、 お茶目でチャーミングなおじちゃんが緑水さんだったのだと、 先頃また「五代目さん」のブログで知りました。 どんな方だったのだろうと、過去のやぶレポをいくつか読ませて頂きました。 どれもすてきなレポばかり。 緑水さん、山のセンスすばらしすぎです。 そして、さり気ないひと言...
by アオバ*ト
2020年4月08日(水) 22:35
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越前】赤兎山〜経ヶ岳☆雪に埋もれた避難小屋から絶景の雪稜へ
返信数: 10
閲覧数: 937

Re: 【越前】赤兎山〜経ヶ岳☆雪に埋もれた避難小屋から絶景の雪稜へ

 山猫さん、こんばんは。 再びレス返し、ありがとうございます。  いやいや驚きますよ。どう考えてもかなりのロング・コース。しかも最後は藪漕ぎ必至のハード・コース。 伏拝からの道が廃道になっているせいで、平泉寺から白山へと至る越前禅定道を通して歩くことが困難と認識しておりましたが、無雪期でも歩かれる人がおられるということに驚かざるを得ません。   無雪期の周回ルートに感心して下さり、ありがとうございます。 山猫さんの驚きのお言葉そのまま、連れて行って下さった檀上さんにお伝えしたいと思います。 最近お会いしておりませんが、このルートが話題になったことを知れば喜ばれると思います。 そして、雪の時に...
by アオバ*ト
2020年4月05日(日) 22:30
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越前】赤兎山〜経ヶ岳☆雪に埋もれた避難小屋から絶景の雪稜へ
返信数: 10
閲覧数: 937

Re: 【越前】赤兎山〜経ヶ岳☆雪に埋もれた避難小屋から絶景の雪稜へ

  山猫さん、こんばんは。 レス返、ありがとうございます。 なんと無雪期! 赤兎山から経ヶ岳へのルートは昨年の秋に刈り払いが行われて、歩きやすくなったようですが、それまでは藪が延々と続き、かなりの難ルートだった筈です。北峰〜伏拝もそれほどではないにせよ、安易なルートではないでしょう。伏拝から小原林道に下る道も廃道となり、藪が厳しいと聞いています。   そんなに驚かないで下さい。 私たちが歩いたのは、2013年の6月だった(と思う)のですが、 前年の秋に、福井の山岳会と消防士さんの親子が、大舟分岐から北岳の間のヤブを刈って整備して下さったので、 行くことになったのでした。なので、その間は、快適に...
by アオバ*ト
2020年4月04日(土) 21:17
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【越前】赤兎山〜経ヶ岳☆雪に埋もれた避難小屋から絶景の雪稜へ
返信数: 10
閲覧数: 937

Re: 【越前】赤兎山〜経ヶ岳☆雪に埋もれた避難小屋から絶景の雪稜へ

  山猫さん、こんばんは! とっても読みごたえがありました! このエリア、わたしはあまり詳しくなくて、すぐに頭の中に位置関係が浮かんでこないのですが、 「大舟山」?なんか聞いたことあるな、と思って、一生懸命記憶をたどりました。 赤兎山と経ヶ岳にセットで行ったことがあって、もちろん無雪期ですが、その間にある山ですね。 いつも「大長山」と混同してしまって。でもわたしは「保月山」には行っていなくて、・・・だんだん思い出しました。 法恩寺山の手前の「伏拝」のピーク?から小原林道のゲートと上の駐車場の中間地点くらいに降りたような気が・・・。 最後にとんでもなくエライ目(ゲートの閉まる時間に間に合わなかっ...
by アオバ*ト
2020年4月02日(木) 01:09
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「りゅうの物語 第二章」再び出口峠道と龍ノ高塚(・1167)
返信数: 4
閲覧数: 720

Re: 【台高】「りゅうの物語 第二章」再び出口峠道と龍ノ高塚(・1167)

  satoさん、こんばんは、じゃなくて、おはようございます。ですよね、たぶん。 satoさんも、未知の世界なのに、地図を広げて、尾鷲のインターから又口までお越しくださり、ありがとうございます。 出口峠?龍ノ高塚?未知の山域で、地図を見てもどこにあるのか分かりませんでしたが、 高速道路のインターからの説明で又口に辿りつくことが出来ました。 峠道というと、私が歩く地域だと、尾根か谷を辿る山越えの道が頭に浮かぶのですが、アゲクチ峠、出口峠それぞれ、山腹道があったのですね。 それだけ山深いのだなぁと思いました。道が崩れないように、丁寧に石積みされた写真を見て、この道を行き来した人々の思いを感じました...
by アオバ*ト
2020年3月31日(火) 23:24
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「りゅうの物語 第二章」再び出口峠道と龍ノ高塚(・1167)
返信数: 4
閲覧数: 720

Re: 【台高】「りゅうの物語 第二章」再び出口峠道と龍ノ高塚(・1167)

  biwacoさん、こんばんは! 夜も更けてきた頃PCを開けて地形図を呼び出し、かような戯けたレポにお付き合い下さり、 ありがたく存じます。 なんだかRPGの世界に入り込んでしまいそうなレポに、疲弊した爺の脳ミソがかき回されそうです。 「第1章」を読んだ時、自分が一体どこにいるのか分らないまま、未知の世界を彷徨ってしまいました。 今回、PCに地形図を呼びだして、第2章レポと併せ読みしてみて、又口からの「りゅう」の棲み家が見えてきました。 RPGって何や?とググってしまうようなスカスカ脳ミソの私より、 biwacoさんのほうが豊潤で若々しい脳ミソをお持ちのように思います。 飛龍ファルコンに載っ...
by アオバ*ト
2020年3月28日(土) 14:18
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「りゅうの物語 第二章」再び出口峠道と龍ノ高塚(・1167)
返信数: 4
閲覧数: 720

【台高】「りゅうの物語 第二章」再び出口峠道と龍ノ高塚(・1167)

【日程】2020年3月20日(金・祝) 【山域】台高南部・出口峠道と龍ノ高塚(・1167) 【メンバー】Tさん、アオバ*ト 【天候】晴れ 【ルート】又口ゲート前8:20、出口峠道に入る9:20、橋の落ちた枝谷出合10:30、 アゲグチ峠12:05、熊野灘展望台12:30、龍ノ高塚(1167)13:45~14:25、 出口峠14:50、林道終点17:00、ゲート前17:40  「ここでみんなでテント泊したら楽しいだろうな。」反射板の前の広々とした平らなところにテントを張って、一段高くなった夕陽のテラスで晩ごはん作って、スパークリングワインで乾杯。考えただけでうっとりする。海は見えるし、大台ケ原も...
by アオバ*ト
2020年3月02日(月) 23:51
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「柳ノ谷のりゅうの物語」又口道(尾鷲道)~龍辻~出口峠道
返信数: 2
閲覧数: 478

Re: 【台高】「柳ノ谷のりゅうの物語」又口道(尾鷲道)~龍辻~出口峠道

 わりばしさん、こんばんは。 レス下さり、ありがとうございます。 花粉症で二の足を踏んでいる間に先をこされちゃいましたね。  今年は雪がないし暖かいので、こんなことするにはちょうど良いかなと思って行きました。 でも、出口峠道を歩けたのは、偶然のたまものです。 前もって調べていたら、たぶん怖気づいて行ってなかったと思います。   明治19年に武四郎が歩いた道ですね。 武四郎の文にはこの地蔵さんも登場します。 「左 出口 右 木組」 こんどこのお地蔵さん見に行きたいなと思っています。 武四郎翁のことももっと知りたいなと思いました。 きれいですよね。熊野灘の碧さもやさしく感じます。 龍辻のピークは...
by アオバ*ト
2020年3月01日(日) 22:27
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「柳ノ谷のりゅうの物語」又口道(尾鷲道)~龍辻~出口峠道
返信数: 2
閲覧数: 478

【台高】「柳ノ谷のりゅうの物語」又口道(尾鷲道)~龍辻~出口峠道

【日程】2020年2月23日~24日 【山域】台高・又口道(尾鷲道)~龍辻(P1260)~出口峠道 【メンバー】Tさん、アオバ*ト 【天候】両日とも晴れ 【ルート】23日 又口橋9:30、林道終点10:30、渡渉点11:00、 県境復帰点(支流の二俣)12:40~13:00、県境稜線乗越点14:20、 北山索道古和谷駅跡14:40、県境稜線と古道の合流点15:35、 1170南東尾根乗越(テント場)16:00 24日 テント場7:00、又口辻8:30(SDカード探しで20分ロス)、 龍辻(P1260)9:10~10:10、出口峠12:30、駒の滝展望台14:05、 支流の滝渡渉点14:30、朽...
by アオバ*ト
2020年2月18日(火) 12:14
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】天地有情 憧憬の蕎麦粒山と私
返信数: 12
閲覧数: 693

Re: 【奥美濃】天地有情 憧憬の蕎麦粒山と私

 satoさん、
レス返ありがとうございました!
今朝は、うちの家の周りでもうっすら雪景色に包まれていました。
satoさんの “熱い心” が届いたかのようでした!
  アオバ*ト
by アオバ*ト
2020年2月17日(月) 22:23
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【湖北】横山岳〜墓谷山☆雪景色と大展望
返信数: 4
閲覧数: 258

Re: 【湖北】横山岳〜墓谷山☆雪景色と大展望

  山猫さん、こんばんは。 【 ルート 】金居原9:10〜9:20登山口〜10:48夜叉ヶ池〜12:22横山岳東峰〜12:58横山岳13:10〜13:56鳥越峠14:01〜14:36墓谷山14:41〜15:30杉野農協バス停 金居原からスタートだったのですね。 それにしても相変わらず、すごいコースタイムです。 わたしは雪の時は西尾根から北尾根の周回しか歩いていないのですが、 グリーンシーズンに一度だけ、横山岳と墓谷山の二つセットコース、杉野から歩きました。 とてもしんどかったので、二つセットはこの時限りでしたが、 金居原の姉妹の池はとっても気に入って、その後は白谷コースと合わせて歩きました。 ...
by アオバ*ト
2020年2月15日(土) 23:15
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【奥美濃】天地有情 憧憬の蕎麦粒山と私
返信数: 12
閲覧数: 693

Re: 【奥美濃】天地有情 憧憬の蕎麦粒山と私

 satoさん、こんばんは! 一人で雪の山に出かけるなんて、すごいですね! あの美しい雪庇には出会えないと分かっているのに。 会えないとわかっていても、会いに行ってしまいますよね! 蕎麦粒山が私のこころの内を察し、呼びかけたのか。私が蕎麦粒山に求めるものがあり、向かっているのか。 蕎麦粒山に、そして、私のこころに問いかける。 satoさんは、蕎麦粒山が大好きなんですね。 本にも、「尖った山に魅かれる。」と書いてありました。 わたしは蕎麦粒山には数年前残雪の頃一度行っただけですが、しんどかった記憶しかなくて、 尖った山は眺めるだけで十分といつも思ってしまいます。 どのくらい時間が経ったのだろう。...