検索結果 428 件

by 雨子庵
2019年5月19日(日) 18:00
フォーラム: オフ会のご案内
トピック: 第22回やぶこぎネットオフ会のお知らせ
返信数: 12
閲覧数: 647

Re: 第22回やぶこぎネットオフ会のお知らせ

山日和さん   まいど
あめちゃんです

チト名前が登場していたので、カキコを・・・。
26日はあまり休んではいけない仕事が入っていました・・・。

『大事な仕事』 vs 『仕事より大事なこと』
でワタシの中の『天使』と『悪魔』がかなり戦いました

今回の軍配は、『悪魔』が勝って『仕事』となりました・・・。 :(

仕込んだ隠し芸は披露されることなく闇に葬ります・・ :mrgreen:

あめちゃん
by 雨子庵
2019年4月25日(木) 18:09
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】ぐーさんの天井桟敷ツアー
返信数: 11
閲覧数: 614

Re: 【台高】ぐーさんの天井桟敷ツアー

「かみゆ」さん  あめちゃんです 忘れてた、忘れてた・・・ 『初レポ、おつかれさまです、そして、おめでとうございます。』 ついでに補足をば ●黒蜜の串団子    伊勢方面の「みたらし団子」の伝統的な味付けらしいです。    ヤブコギネット三重県支部の私(もちろんナンチャッテ三重県支部員ですが)も知りませんでした。    感激的なカルチャーショック     ●二等辺三角形の黒糖しみこんだ焼き菓子    『げたんは』と言います。「げたんは→下駄ん歯」です。    形は本来は下駄の歯のように台形らしいですが、あれはどう見ても三角形でした。    鹿児島のソウルフード。鹿児島ならどこでも買えるらしいで...
by 雨子庵
2019年4月24日(水) 18:53
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】ぐーさんの天井桟敷ツアー
返信数: 11
閲覧数: 614

Re: 【台高】ぐーさんの天井桟敷ツアー

「かみゆ」さん まいど あめちゃんです 蛇滝を過ぎて少し歩いたあたりから、ぐーさんオリジナルルートに入って行きます。苔むした岩間から流れる美しい小滝。滝好きにはたまりません。 宮の谷は基本的に両側切り立った険しい谷です。 あそこを攻めていくのは内心驚きました。 ここからCo710二俣まで沢伝いを登って行きます。 この二俣で水を補給して小休止。 コロコロコロコロ、いい音させてました、不思議な水 この難所を無事登り切り、高滝を望めるポイントで小休止。 高滝を見下ろせるポイントはなかなかないそうです。 ここから15分程登ったところが、今回の目的地である天井桟敷!! 期待していた桜は・・・残念ながら、...
by 雨子庵
2019年4月18日(木) 18:34
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「春風のイタズラ」(by 百恵)(千秋にて)
返信数: 4
閲覧数: 202

Re: 【台高】「春風のイタズラ」(by 百恵)(千秋にて)

わりばしさん まいど あめちゃんです 本工場の尾根なら道は植林前からあったのかな? またオジヤンに聞いておいてください。 大正時代のことも知っているオジヤン ;) 植林の尾根と思いきやこのあたりの高さになると自然林ですもんね。 ヒーヒーが報われます :D 闇鍋の時にあっちを放牧地にしようと牧草をまいたと言ってましたね。 まあ、位置的にはアッチですが、それは桧塚奥峰の向こうですが 闇鍋で久々に話をしてオジヤンも年を取ったなあと思いました。 青田の歴史を残すためにもオジヤンにいろんな聞き取りをしなくちゃね。 今回の闇鍋で本社のあった野田にも何度か行っていたこともわかりました。 野田に乾留の資料残っ...
by 雨子庵
2019年4月18日(木) 18:25
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「春風のイタズラ」(by 百恵)(千秋にて)
返信数: 4
閲覧数: 202

Re: 【台高】「春風のイタズラ」(by 百恵)(千秋にて)

ぐーさん まいど あめちゃんです 闇天では会場設営でお世話になりました。 せっかく磨き込んでくれたメインテーブルに座ってもらえずに寂しそうでした。 夜露も下りない満天の星空で、一斗缶の焚火の周りに皆が引き寄せられてしまいました。 あれっ?ぐーさんいましたっけ? スイマセン、女性しか見てなくて。 ヒトリ酒池肉林楽しんでました :mrgreen: プロの仕事人じゃないね。 台風の暴風雨の中、びしょ濡れになりながらビニール袋で覆って郵便物を届けてくれる。 「すみません。少し濡れてしまいました」 プロだねぇ~。 ムカシ、石鎚の雪深い中をラッセルしながら先行く人に追いつきました。 そのヒトの掛けてる肩掛...
by 雨子庵
2019年4月16日(火) 19:15
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】「春風のイタズラ」(by 百恵)(千秋にて)
返信数: 4
閲覧数: 202

【台高】「春風のイタズラ」(by 百恵)(千秋にて)

雨子庵で大工仕事をしているとオジヤンが訪ねてきてくれた。 お茶を飲みながら、 『オジヤン、イズミ谷とかカクレ谷の尾根から上に登ってる人が最近いるんだけど、昔の道ははっきりしてるの?』 『さぁ、はっきりしとるかどうかは・・。けど、あるよぉ、昔はそれを使って仕事に行ってたから』 『どこ?』 『それはやなぁ・・・』 ・・・オジヤンの両手の中に立体地図がSF映画よろしくボワァンと浮かび上がる。ここが不動橋、そこから2枚目の擁壁のここのカーブのところから降りる道がある。こう川を渡って、ココの尾根に乗る・・・ なるほど。ペンキも塗れたし、明日行ってみるか・・・。 【日付】2019年3月29日(金) 【山域...
by 雨子庵
2019年4月10日(水) 18:41
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【両白・加越】野伏で感じた春の中のなごり冬(冬と春の境界©)
返信数: 4
閲覧数: 307

Re: 【両白・加越】野伏で感じた春の中のなごり冬(冬と春の境界©)

宮指路さん まいど あめちゃんです あめちゃん、先日は大変お世話になりました。 噂の庵に一度は行ってみたくて主に無断でお邪魔致しました。 今度はちゃ~んと食えるものを持っていきます。 おじゃまいただきありがとうございました。 :D 『雨子庵』がまるでサザエさんのエンディングの家のよーにグニョグニョして喜んでいるのが分かりました、大歓迎でした ちゃ~んと、食べるもの持ってきていただいたじゃないですか あれが無ければ翌朝餓死するところでした :) いずれにしても猥雑で無礼講な一夜でした。 爆笑するヒト、号泣するヒト、寝ちゃうヒト、大声で歌うヒトタチ、その前でクルクルクルクル回るヒト・・・これ見たと...
by 雨子庵
2019年4月08日(月) 18:38
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【両白・加越】野伏で感じた春の中のなごり冬(冬と春の境界©)
返信数: 4
閲覧数: 307

Re: 【両白・加越】野伏で感じた春の中のなごり冬(冬と春の境界©)

kando1945さん まいど あめちゃんです 小4から大学4年まで千種区に住んでいましたが「駅前アルプス」、記憶にないです。 昭和45年創業だそうです お~野伏ヶ岳、いいですね。どうやら幸運に恵まれたようですね。羨ましい。。もう一度行きたいのですが、年々体力気力が :oops: おっしゃるとおり山は天候次第ですよね。・・・kanndo1945さんならもう一度でもmore一度でも :D 「鼻垂れ隊、隊長、行きますか・・・?」 :? 「うぅむ、副隊長、悩むところよのう。おぬしはどう思われとるのじゃ」 :x う~ん、時々どっちがどっちか分からなくなります。いくつか文章を読まないと理解できず、時間を...
by 雨子庵
2019年4月04日(木) 19:29
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【両白・加越】野伏で感じた春の中のなごり冬(冬と春の境界©)
返信数: 4
閲覧数: 307

【両白・加越】野伏で感じた春の中のなごり冬(冬と春の境界©)

まだ名古屋にきて日が浅いころ名駅前の「駅前アルプス」に通うようになった。田舎の少年には大きな登山用品店なぞ宝物のようで、それこそうれしくなってついつい登山靴を勝手に履いて叱られた。それが店長、大和さん(故人)との出会いだった。それ以来、遊びに行くとカーテンで仕切っただけの応接室に通され、山のお話を伺った。ある日「あめちゃんよぅ、山スキーやるんなら野伏に行ってこいよぉ。俺も行ったけどよかったぞ。雪に埋まったテントの中から俺が出てくると目の前の登山者が驚いてたよ」細い目をもっと細くして笑ってたなぁ。 あれから十数年、あきんちょから『野伏ヶ岳に行きたい、行かない?』とのお誘い。時が来た。 【日付】2...
by 雨子庵
2019年3月25日(月) 18:45
フォーラム: 山のフォーラム
トピック: 【台高】20190323木梶川右岸春色グラデーション&霧氷
返信数: 8
閲覧数: 320

Re: 【台高】20190323木梶川右岸春色グラデーション&霧氷

ぐーさん まいど あめちゃんです 『あめちゃん山(他称)』へようこそ :mrgreen: 【 ルート】  鳴滝展望8:35---10:10木梶山---11:00ハカノ谷巨ブナ---11:35木屋谷         ---12:40盆栽平---13:35ご神木---15:25二段の滝---16:05駐車地。 まあ、なんてごゼイタク。両巨頭に一日でごあいさつですか :) 木梶分岐から東へ歩くと枝先の白い木が見える。 「珍しいな。花がドライフラワーになっているのかな?」 よく見ると霜のようにうっすらとした霧氷に覆われているのだった。 前回もそうでしたが、あそこは北からの風が吹きあがってくるんでしょう...